あの有名チェーン店に業態転換!?「幸楽苑ホールディングス」

あの有名チェーン店に業態転換!?「幸楽苑ホールディングス」

有名中華チェーンの中で営業利益率の低かった「幸楽苑HD」(証券コード:7554)。19/3期も引き続き苦戦を強いられているのでしょうか。

まずは幸楽苑HDの歴史をたどってみましょう。

1954年、創業者の新井田司翁が福島県に「味よし食堂」を開業したのが幸楽苑HDの始まりです。

幸楽苑の始まりは福島の食堂

1975年には製麺と餃子製造の自社工場を建設し、100店舗体制を目標に2店舗目を喜多方に出店しました。2002年に東証二部上場を果たすと、翌年の2003年にはラーメン業界で初の東証一部上場を達成。2012年にタイ1号店オープンするなどグローバル展開も行なっています。

また2002年には生命保険・損害保険の代理店業のグループ会社「デン・ホケン」を設立しましたが、2018年11月30日をもって約1億5500万円で事業譲渡しています。

18/3期は7200万円の営業損失を計上

9年間で売上は上昇傾向にありますが、ほぼ横ばいで推移しています。 一方、営業利益は減少傾向であり、18/3期には7200万円の営業損失を計上しました。主な原因として販管費の増加と原材料費の上昇が挙げられています。

そんな幸楽苑HDですが、2018年第2四半期報告で経常利益予想を+91%と大幅に上方修正して話題になりました。

19/3期の経常利益見通しを+91%上方修正

2019年2月に行われた第3四半期報告の時点で経常利益は14.9億円を超えており、年間でも10億円台を達成する見通しです。 

幸楽苑HDに一体何が起こったのでしょうか?


ここから先は有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

 ・品目別販売実績では〇〇が好調
・地域別では〇〇と〇〇が売上を牽引
・ラーメン事業から〇〇へ業態転換!
・業態転換の理由は〇〇
・〇〇により営業CFは大きくプラスに
・2018度売上・営業利益予想は〇〇

この続きを見るには
(1800文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
1se9lwhwowwubjfpdoafew

過去最高の売上高816億円を達成した「王将フードサービス」2019年3月期本決算

2019年05月21日 07:30

「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」(証券コード:9936)の2019年3月期本決算を発表しました。

 vg3g0tmsiijj6 qc5tppg

営業利益16.4億円にV字回復!業態転換により復活した「幸楽苑HD」2019年本決算

2019年05月11日 07:00

中華そばなどを中心に国内外に飲食店を展開する「幸楽苑HD」(証券コード : 7554)が、2019年本決算を発表しました。

Jvxnsqoaph ln25fdfl0zg

店舗数は増加するも利益率が1%台に低下!「ペッパーフードサービス」2019年1Q決算

2019年05月10日 19:30

いきなり!ステーキを運営する「ペッパーフードサービス」の2019年1Q決算が発表されました。

 a btd2ohz9brkok2oniya

米国事業を一部撤退!売上・店舗数ともに成長が加速する「ペッパーフードサービス 」2018年本決算

2019年02月15日 20:00

今回は『いきなり!ステーキ』を運営するペッパーフードサービス (3053)の2018年通期決算をまとめていきます。