アイウェア市場で革新を続ける「JINS」のアップサイドについて考える

2017年12月02日 08:47

今回はメガネ業界に新たな風を巻き起こしているジンズについて考えてみたいと思います。

まずはジンズがどういう会社なのか、独自性と経営ビジョンについて整理します。

JINSの経営ビジョン

ジンズが成し遂げたもっとも大きな革新は、メガネの平均単価が数万円だったところに、独自の製造小売(SPA)戦略を取ることで最低4900円という圧倒的な低価格を実現したことです。

また、「視力矯正」という従来の目的を超えた「機能性アイウェア」を展開することで、これまでメガネを必要としなかった人たちにも役立つ商品を提供し、自らマーケットを広げています。

例えば、パソコン用メガネ「JINS PC(現JINS SCREEN)」は「有害なブルーライトをカットし、眼精疲労を和らげる」という明確なメッセージを打ち出すことで累計販売本数700万本(2016年6月末日時点)を突破。

この続きを見るには
(3230文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード