シャッター国内シェア50%超!売上4,000億円を見込む隠れたグローバル企業「三和ホールディングス」

シャッター国内シェア50%超!売上4,000億円を見込む隠れたグローバル企業「三和ホールディングス」

東京オリンピック開催に伴う建設需要はさまざまな業界に波及します。「三和ホールディングス」(証券コード:5929)はシャッターの国内最大手として堅調に業績を伸ばす企業です。

三和HDは1956年、高山萬司氏が兵庫県・尼崎市で創業しました。

国内シャッター最大手「三和ホールディングス」

出入り口のシャッターを製造する「三和シヤッター製作所」から始まり、1961年に商社機能を担う「三和商事」を設立。1963年の東証2部上場に伴って各社を統合しました。1969年にはドア製造にも乗り出し、1970年代から海外展開もスタートしています。

6分野で国内マーケットシェアNo.1

現在では軽量シャッターの国内シェアが50%を超え、産業用ドアなど6分野でマーケットNo.1の地位を確立するまでに成長を遂げました。

2018年3月期の通期売上は3857億円

2018年3月期の売上は3,857億円と前年から9.0%増収を達成しています。営業利益は283億円で、営業利益率は7%以上の水準をキープしています。

今回のエントリでは日本を代表する企業の一つである三和HDの成長事業と今後の展望について整理していきたいと思います。


ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・実はシャッターから〇〇まで手がけている
・〇〇向けサービスの売上が1,000億円を突破
・非シャッター比率は〇〇%
・海外売上比率は〇〇%
・国内の住宅設備・建材市場は〇〇円規模

この続きを見るには
(2166文字 画像19枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード