世界を代表する名門大学「ハーバード」「スタンフォード」は一体どれだけ稼いでいるのか!?

世界を代表する名門大学「ハーバード」「スタンフォード」は一体どれだけ稼いでいるのか!?

2019年04月21日 20:00

以前に早稲田と慶應の決算書を比較したところ、とても興味深い実態が浮かび上がってきました。

今回はアメリカ、そして世界を代表する2校である「ハーバード大学」と「スタンフォード大学」に注目したいと思います。

世界を代表するアメリカの東西2校

ハーバード大学の創立はなんと1636年までさかのぼり、アメリカ最古の大学とも言われています。政財界に幾多の人材を輩出している名門中の名門です。

スタンフォード大学は1885年、カリフォルニア上院議員のスタンフォード夫妻によって設立されました。正式名称は「リーランド・スタンフォード・ジュニア大学」といい、歴史については以前に特集しています。

さっそく営業収入を比較してみましょう。

スタンフォードの収入が60億ドル大きい

売上推移を見てみると、スタンフォードが113億ドルで大きく上回っています。日本円にして1兆円を超えており、売上規模で早稲田の10倍近くを誇ります。

ハーバードの営業利益は右肩上がりに増加

営業利益もスタンフォードが上回っていますが推移は少し不安定。ハーバードの営業利益は右肩上がりに増加しています。

世界最高峰の私学は一体どのような収益構造となっているのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・ハーバードとスタンフォードの収入に差が生まれている要因
・日米の大学で収益構造が異なるポイントとは?
・学生数が多いのは〇〇
・学生の構成比も日米で比較
・学生1人あたり年間学費は〇〇ドル
・アメリカの学生ローン残高は〇〇ドル

この続きを見るには
(1401文字 画像9枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

2019年01月06日 20:00

今回はシリコンバレーの歴史をさらに遡り、「谷」の土壌となったスタンフォード大学とヒューレットパッカードの発祥についてまとめてみたいと思います。

「シリコンバレー」の始まりはショックレー研究所からですが、その前からすでに「ラジオバレー」とも言うべき土壌が存在しました。

「最高に嫌なヤツ」のおかげ!?「シリコンバレー」はどのようにして始まったのか

2018年12月03日 12:00

日本でも「スタートアップ」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、当然ながら「新しい中小企業」という存在自体は昔からありました。(どんな企業も最初はそうです)

それではなぜ近年「スタートアップ」という名前が定着したのか。