人が管理する倉庫はもう古い?イギリスのオンラインスーパー「Ocado」

人が管理する倉庫はもう古い?イギリスのオンラインスーパー「Ocado」

2019年04月16日 12:00

今回ご紹介するのはイギリスでオンラインスーパーを展開する「Ocado」です。流通プロセスにおいて革新的とも言える開発をした企業として世界から注目を浴びています。

イギリスのオンラインスーパー「Ocado」

まずはざっくりと設立の経緯から見ていきます。Ocadoは2000年に設立された企業。設立から10年でロンドン証券取引所への上場を果たしています。現在は世界でもトップクラスのオンラインスーパーにまで成長しています。

通期売上は約2327億円

売上は右肩上がりで伸びており、2018年11月期の売上は16.0億ポンド(2,327億円)となっています。

さて今回のエントリでは、イギリスの国営放送BBCも取り上げているOcadoのロボット倉庫の詳細について迫っていきます。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・ロボット工場の内部を縦横無尽に駆け巡るロボットたち
・ロボットの導入でピックアップが◯◯分以内に
・アクティブユーザー数は〇〇万人
・イギリスの食料品の小売市場は〇〇兆円規模に

この続きを見るには
(2197文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
沖縄県の小売業でNo.1の売上! 戦後から沖縄を支え続ける大型スーパー「サンエー」

沖縄県の小売業でNo.1の売上! 戦後から沖縄を支え続ける大型スーパー「サンエー」

今年は異例の10連休ゴールデンウィークとなり、読者の皆さんの中に旅行に行く方もいらっしゃるかと思います。

今回は人気の旅行先、沖縄で成長する大型スーパー「サンエー」(証券番号:2659)について取り上げます。