国鉄解体から32年。JR大手3社を徹底比較!

国鉄解体から32年。JR大手3社を徹底比較!

2017年には国鉄解体から30周年を迎えたJR各社。平成生まれは国鉄を知らない人も多いのではないでしょうか。
今回はJR大手3社を徹底比較してみました。

本州を専有するJR

JRは北海道から九州まであり、JR貨物も含めると合計で7社。その中でも売上規模が兆を越えるのがJR東日本、JR東海、JR西日本の3社です。この3社で本州を占有しています。

JRの前身は日本国有鉄道(通称:国鉄)。まずはその国鉄解体の背景からみていきましょう。

国鉄の最終負債は37.1兆円

国鉄は特殊法人

国鉄は日本国有鉄道という名の通り日本政府が保有する特殊法人。1949年に設立し、約40年間日本の運輸を支えてきました。しかし1987年には巨額の負債を計上し解散しています。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・国鉄負債のうち〇〇兆円がJRに継承
・売上トップは3兆円弱のJR〇〇
・営業利益率はJR東海が〇〇%
・JR東海は2027年のリニア開通に向けた借金〇〇兆円

この続きを見るには
(1868文字 画像15枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
「京王電鉄」はなぜ民泊に参入したのか

「京王電鉄」はなぜ民泊に参入したのか

ホテル業界第5弾は、鉄道業界初の民泊事業に参戦した「京王電鉄」(証券コード:9008)です。今回は民泊事業を取り巻く環境を簡単に取り上げつつ、京王電鉄のホテル業の戦略に迫ります。

新宿以西を中心に多角的な事業展開する京王電鉄

日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」

2018年08月20日 07:00

お隣の中国・韓国のキャッシュレス化が進む中、日本は依然として現金主義です。

その現金主義が蔓延するこの日本で、キャッシュレス化に一役買っているSuica。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード