原点は卒論ブログ!?MITコンビの「HubSpot」創業ストーリー(前編)

原点は卒論ブログ!?MITコンビの「HubSpot」創業ストーリー(前編)

インターネットの普及によって、企業のマーケティング活動はかつてない変化に直面しています。

2018年にデジタル広告がテレビを抜く

電通イージス・ネットワークの調査によると、2018年の広告費は世界全体で6,135億ドル。そのうちデジタルが38.5%で初めてテレビを上回りました。

企業が自社の製品やサービスをどうやって世の中に届けるか頭を悩ませる中で登場したのが「HubSpot」(ティッカーシンボル:HUBS)です。

マーケティング支援SaaSを展開するHubSpot

HubSpotは2006年、ブライアン・ハリガン氏とダーメッシュ・シャア氏によって設立されました。世界で初めて"インバウンド・マーケティング"という概念を提唱し、デジタル時代のマーケティング活動を支援するサービスを展開しています。

創業12年で売上5億ドルを突破

彼らは2014年に上場を果たし、2018年には売上が5億ドルを突破。6年で業績規模が10倍にまで拡大しています。

今回は創業コンビの半生をたどりながら"インバウンド・マーケティング"という概念とHubSpot誕生の経緯を追いかけていきたいと思います。

生まれも育ちもマサチューセッツのエリート「ブライアン・ハリガン」

現在もCEOを務めるブライアン・ハリガン氏はマサチューセッツ州・ウェストウッドに生まれます。地元のパブリックスクールに進学し、子供の頃からお隣ボストン州に拠点を置くレッドソックスのファンでした。

この続きを見るには
(1765文字 画像6枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
顧客企業数が6万社を突破!「HubSpot」2019年1Q決算

顧客企業数が6万社を突破!「HubSpot」2019年1Q決算

マーケティング支援ツールをクラウドで提供する「HubSpot」(ティッカーシンボル:HUBS)が2019年1Q決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード