テンセントの投資先 中国のNo.1美容整形アプリ「So-Young」がナスダックに新規上場

テンセントの投資先 中国のNo.1美容整形アプリ「So-Young」がナスダックに新規上場

2019年04月17日 12:00

ナスダックに中国のNo.1美容整形アプリ「So-Young」が上場申請書を提出しました。

美容整形の情報サイトSo-Young

So-Youngの共同創業者であるXing Jin氏は2009年から2011年までテンセントの子会社「Tenpay」でマネージャーを勤めたのち、「IM2.0 Interactive Group」のヴァイスプレジデントに就任。その後、2013年11月に北京で「So-Young」を創業しました。

テンセントから資金調達を実施

So-Youngは現在までに2.3億ドルもの資金調達を実施。2016年3月にはテンセントから5,000万ドルの資金調達を実施しています。

通期売上は約72.5億円

売上の推移を見てみると2016年には0.5億元(8.3億円)ほどだった売上が2018年には6.2億元(103.5億円)にまで拡大。2017年から2018年にかけての売上成長率は138%となっています。

2017年から営業利益はプラスに転じており、2018年の営業利益は0.5億元(8.3億円)となっています。(営業利益率:8%)

驚異的な売上成長を見せるSo-Youngですが、一体どのような美容整形アプリを運営しているのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・美容整形情報サイト「soyoung.com」の月間訪問者数は〇〇万人
・アプリ利用率は〇〇%
・アクティブユーザー数〇〇万人、購入者数〇〇万人
・広告売上が全体の〇〇%を占める
・市場規模は〇〇億円に拡大見込み

この続きを見るには
(1474文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
WeChatユーザーが11億人を突破!「テンセントHD」2019年1Q決算

WeChatユーザーが11億人を突破!「テンセントHD」2019年1Q決算

中国最大のSNS『Wechat』を運営するテンセント・ホールディングスの2019年1Q決算が発表されました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード