2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2019年04月17日 20:00

大人の女性にとって欠かすことのできない日用品である化粧品。今回のエントリでは女性の美を支える資生堂が、ここ2年で営業利益率を大幅に改善した戦略についてまとめていきます。

1872年に日本初の民間調剤薬局として設立

資生堂の歴史はかなり長く、創業は1872年にまでさかのぼります。福原有信氏が東京の銀座に日本初の民間洋風調剤局として創業したのが始まりとなっています。

創業147年の老舗化粧品企業「資生堂」

化粧品業界に進出したのは1897年。資生堂が最初に発売した化粧水「オイデミル」は現在も販売されるロングセラー商品となっています。東京証券取引所に上場したのは戦後間もない1949年ことで、今年で上場から70年を迎えています。

通期売上は1.09兆円

業績の推移を見ると、意外にもかなり伸びており、2017年度には1兆円を突破。直近の2018年度の売上は1.09兆円となっています。なお資生堂は2015年に3月期決算から12月期決算に変更しています。

営業利益率が2年で2倍以上に

営業利益率の推移を確認すると、2016年度から2018年度にかけ5.6pt上昇。ここ2年で営業利益率が倍以上にまで上昇していることが分かります。一体なぜこれほどまでに営業利益率が改善したのでしょうか?

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・〇〇が3.2pt減少し、営業利益率が改善
・プレステージファースト戦略による選択と集中
・ブランドポートフォリオの見直しも推進
・化粧品の出荷額は5年で〇〇兆円増加
・今後3年で〇〇億円規模の投資を実施

この続きを見るには
(2799文字 画像17枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
国内 資生堂
Crhy25ifj ndtamikredqa

営業利益率が軒並み2倍以上に!?資生堂・コーセー・花王を中心に見る化粧品業界まとめ

2019年04月20日 20:00

最近、Stockclipでは資生堂コーセーなどに注目してきました。化粧品大手の業績を追いかけてみると、近年の化粧品業界にある変化が起きていることに気が付きます。

5ytkl0h611y1nkbfx5llha

営業利益率が5年で2.3倍に 資生堂や花王を営業利益率で上回る「コーセー」

2019年04月19日 12:00

今回は雪肌精で有名な化粧品企業「コーセー」について取り上げます。 

Z6pbjrqr6jeohqz7 pamfq

インバウンド需要で業績拡大!羽田空港を運営する「日本空港ビルデング」

2018年11月09日 19:10

今回はインバウンド需要の恩恵を受けて業績を拡大する「日本空港ビルデング」(証券コード:9706)を取り上げたいと思います。

Cilum3bvtikswuf3vrtfxw

海外売上が前年の3倍!インバウンド需要で美顔器が爆売れ「ヤーマン」2019年4月期1Q決算

2018年09月18日 12:00

美容機器や化粧品を販売する「ヤーマン」の2019年4月期1Q決算が発表されました。

Desf30dyxu2tjgna3 nfzw

化粧品による売上が2年で39%増加!世界No.1の化粧品OEMメーカーを目指す「日本色材工業研究所」

2018年08月31日 20:00

化粧品の受託開発や製品設計を行なっている「日本色材工業研究所」について見ていきたいと思います。