実は伸びてるのは貸会議室だけじゃない!?日本リージャスを買収した「TKP」2019年2月期決算

実は伸びてるのは貸会議室だけじゃない!?日本リージャスを買収した「TKP」2019年2月期決算

貸会議室などの空間シェアリングエコノミー事業で成長を続ける「TKP」の2018年通期決算が発表されました。

直営会議室の数が業界No.1のTKP

TKPの創業者は伊藤貴輝氏です。伊藤氏(当時32歳)は、伊藤忠商事の為替証券部を経て、日本オンライン証券(現在の カブドットコム証券)に参画。その後、イーバンク銀行(現在の楽天銀行)を経て、TKPを創業。ちなみにTKPの社名の由来は『Total Kukan Produce』とのこと。

通期売上は355億円に増加

売上の推移を見てみると2018/2月には287億円だった売上が、2019/2期には355億円に増加。営業利益も43億円ほど稼ぎ出しており、上場してから毎年増収増益となっています。

増収増益を重ねる「TKP」の成長要因を探っていきたいと思います。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・利用者全体のうち既存顧客の割合が〇〇%とリピート率が高い
・ガーデンシティPREMIUMの部屋数が〇〇部屋に増加
・メインの貸会議室サービスの売上は2019/2期には〇〇%に低下
・長期借入金と社債の発行により有利子負債が〇〇億円に増加
・日本リージャスを買収(企業価値 〇〇億円)

この続きを見るには
(1938文字 画像14枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
営業利益率68%!「手間いらず」2019年6月期3Q決算

営業利益率68%!「手間いらず」2019年6月期3Q決算

今回、ホテルや旅館を相手に宿泊予約の一括管理サービスを提供する「手間いらず」(証券コード:2477)が2019年6月期3Q決算を発表しました。

起業家として異例のホテル管理学部出身!?Lyftの誕生ストーリー(前編)

起業家として異例のホテル管理学部出身!?Lyftの誕生ストーリー(前編)

2019年03月23日 12:00

先日ライドシェアリングサービスを運営するLyftがナスダックに上場申請書を提出しました。そのLyftを創業したのがジョン・ジマー(John Zimmer)とローガン・グリーン(Logan Green)の2人です。

ライドシェアという概念自体普及していなかった時代にLyftというサービスがどのように成長したのかを共同創業者の1人ジョン・ジマーを中心に見ていきたいと思います。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード