店舗数が5年で3.6倍に ホテルでフランチャイズを行う「ABホテル」

店舗数が5年で3.6倍に ホテルでフランチャイズを行う「ABホテル」

2019年04月22日 07:00

東海地方のビジネスマンの方は「ABホテル」(証券コード:6565)をご存知の方も多いかもしれません。

売上は3年で4倍に。経常利益率は26%

ABホテルは東祥のホテル部門が発祥ABホテルは、スポーツクラブ運営を主に行う「東祥」のホテル事業としてスタートしました。2005年にABホテルという名前になり、2014年に親会社の東祥から分社化。そして2017年12月25日に上場した比較的新しい会社です。

売上は3年で約4倍の44.2億円(+26%)2018年の売上は44.2億円(前年比:+26.0%)で、経常利益は11.5億円(前年比:+18.6%)となっています。経常利益率は26.0%と高いです。高利益率のまま安定した成長を遂げることができている理由は何なのでしょうか?

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・◯◯制度のおかげで利益率が高い
・調達資本は◯◯が中心で、◯◯のおかげで低コスト
・今後は毎年◯店舗以上の新規出店を行う

この続きを見るには
(1634文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

2019年06月25日 15:00

ホテル業界第11弾では、ホテルを運営している企業を主要KPI(稼働率や客室単価、インバウンド宿泊者比率など)で比較。仮説を交えながらその要因を探っていきます。

そもそも、各指標はホテル事業にとってどういった意味合いを持っているのでしょうか。