「アカツキ」3Q決算:ドッカンバトルの成長は一巡、再び仕込みフェーズか

「アカツキ」3Q決算:ドッカンバトルの成長は一巡、再び仕込みフェーズか

2020年02月01日 18:00

スマホゲームや「うんこミュージアム」を展開する「アカツキ」が3Q決算を発表しました。

3Q累計の売上高は235億円(前年比+26.3%)、営業利益は81.5億円(同△1.8%)。増収減益となりました。

前四半期比(QonQ)では減収減益となったアカツキですが、既存事業からの減益分は△4億円と限定的。残りの△5億円は、ゲーム新領域など将来投資の拡大によるものだと言います。

ボラティリティの激しいスマホゲーム業界において、数少ない成長企業であり続けてきたアカツキ。今後の種まきがどう進捗しているのか、決算資料を紐解いてみましょう。

ゲーム関連利益は111億円

まず確認したいのは、セグメントごとの具体的な業績です。

この続きを見るには
(1896文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード