営業利益率が軒並み2倍以上に!?資生堂・コーセー・花王を中心に見る化粧品業界まとめ

営業利益率が軒並み2倍以上に!?資生堂・コーセー・花王を中心に見る化粧品業界まとめ

2019年04月20日 20:00

最近、Stockclipでは資生堂コーセーなどに注目してきました。化粧品大手の業績を追いかけてみると、近年の化粧品業界にある変化が起きていることに気が付きます。

近年の化粧品業界を知る上で重要な3つのキーワード

さてまずは今まで取り上げた資生堂とコーセーに日本の化粧品業界でNo.2の花王を加えて、各社の売上を比較してみます。

順調に売上を伸ばす資生堂とコーセー

資生堂とコーセーの売上が順調に増加。資生堂に至っては2012年から2018年までの6年間で売上を4,000億円近く伸ばしています。同期間にコーセーも1,500億円ほど増収しています。

一方、好調な資生堂・コーセーの裏で低迷しているのが花王。2012年から2013年にかけ、1,000億円以上増収したものの、以降、売上は横ばい。2013年に子会社カネボウの美白化粧品を使用した消費者の皮膚がまだらに白くなる「白斑事件」が起きたことで売上が低迷しています。

軒並み営業利益率を伸ばす化粧品大手3社

営業利益率の推移では3社とも営業利益率が軒並み上昇。特に顕著なのがコーセーで2012年から2018年の6年間で9.1ptも上昇しています。また、同期間で花王は7.4pt、資生堂は4.2pt上昇しています。

化粧品大手3社が伸びている背景にはある3つのキーワードが隠されています。

近年の化粧品業界の3つのキーワード

キーワードの1つ目はシワ改善美容液。2つ目はブランドの選択と集中。3つ目がインバウンドです。今回のエントリではこれら3つのキーワードを中心に化粧品業界の今に迫っていきたいと思います。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・化粧品の年間出荷額は◯◯兆円
・各社揃って高価格帯の化粧品にリソースを集中する理由
・インバウンドが原因で化粧品の販売チャネルに起きた変化とは
・化粧品の輸出額は4年で◯倍に
・今年1月施行の中国電子商取引法とは?

この続きを見るには
(3842文字 画像17枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
Wrkexysrxlnconjvk8abeq

使用率が拡大するオールインワン化粧品!国内市場でNo.1の「新日本製薬」が新規上場

2019年05月29日 07:00

最近耳にすることも多くなってきたオールインワン化粧品。その販売を主力事業とする製薬企業「新日本製薬」が上場申請書を提出しました。

5ytkl0h611y1nkbfx5llha

営業利益率が5年で2.3倍に 資生堂や花王を営業利益率で上回る「コーセー」

2019年04月19日 12:00

今回は雪肌精で有名な化粧品企業「コーセー」について取り上げます。 

Radp   ogonkj lalgxrcg

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2019年04月17日 20:00

大人の女性にとって欠かすことのできない日用品である化粧品。今回のエントリでは女性の美を支える資生堂が、ここ2年で営業利益率を大幅に改善した戦略についてまとめていきます。

Pd whhpmd ondjqrfh0msg

テンセントの投資先 中国のNo.1美容整形アプリ「So-Young」がナスダックに新規上場

2019年04月17日 12:00

ナスダックに中国のNo.1美容整形アプリ「So-Young」が上場申請書を提出しました。