「瞬足」が大ヒット!しかし「アキレス」が稼ぐ利益のほとんどは別事業!?

「瞬足」が大ヒット!しかし「アキレス」が稼ぐ利益のほとんどは別事業!?

2019年04月29日 12:00

今回は「コーナーで差をつけろ!」でおなじみの「瞬足」を生み出した「アキレス」(証券コード : 5142)を見ていきます。

2003年発売の「瞬足」が大ヒット

まずは沿革を見ていきます。

子供向けスポーツ靴「瞬足」を販売する「アキレス」1907年に後のアキレスの母体となる殿利織物会社が設立されました。戦時体制下の1943年、企業整備令によりゴム製品の製造に転換。終戦を迎えると布靴、総ゴム靴、ゴム引布や合成樹脂製品の製造を開始しました。そして1947年に物工場(当時ゴム工場と呼称)の設備、資材を買収、事業を継続して興国化学工業株式会社を設立。その後1982年に社名を「アキレス株式会社」に変更しました。

2003年には子供向けスポーツシューズ「瞬足」を発売し、ピーク時には年間650万足売れるほどの大ヒット商品となりました。また2009年には伊藤忠商事株式会社と「瞬足」の総合的なライセンス事業においてパートナーシップを締結しており、瞬足ブランドを靴以外にも文具などへ拡大させています。

2017年度売上は879億円

続いて営業成績を見ていきましょう。

18/3期の売上は879億円

2017年度売上は879億円と前年度から微増となりました。また営業利益は23.4億円と前年度より約2億円(-7.6%)減少しています。

営業利益率は2.7%

営業利益率を見てみると、2.7%と低いです。15/3期の営業利益率は1%となっていました。売上成長率に目を移すと、18/3期は1.1%ですが2期ぶりのプラスを達成しています。

営業成績をみると厳しい数字が多く見られるアキレスですが、実はその答えはシューズ事業にあったようです...!

近年のシューズ事業は?

シューズ事業に何が起きているのでしょうか?早速みていきましょう。

禁煙のシューズ事業は不審

「瞬足」で有名なアキレスですから、利益の中心はシューズ事業かと思う方も多いと思います。しかし実際のところ、シューズ事業単体では3期連続の赤字を計上しています18/3期の営業利益は前年より改善しマイナス7.7億円となったものの、17/3期はマイナス12.8億円となりました。また売上も3期連続で減少しており、18/3期では157億とマイナス20億円(前年度比-11.3%)を記録しています。

アキレスによると現在でも年間400万足ほどが売れているそうですが、海外ブランドによる台頭により苦戦が続いているようです。

では何でアキレスは利益を生み出しているのでしょうか?

ここから先は有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。  

 ・利益を牽引するのは〇〇だった
・セグメント別売上の82%は〇〇と〇〇
・セグメント別利益では〇〇が中心
・シューズ事業の動き

この続きを見るには
(1969文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
売上成長率69%!「ロコンド」2019年2月期決算

売上成長率69%!「ロコンド」2019年2月期決算

2019年04月14日 07:00

靴のEC事業を展開する「ロコンド」(証券コード:3558)が最新決算を発表しました。

靴下だけで売上150億円!多くの設備投資や配当にも関わらずキャッシュリッチな「タビオ」の業績を調べる

2018年01月21日 15:04

今回は靴下専門ブランド「靴下屋」を展開する「タビオ」について取り上げます。

ショッピングモールや大型商業施設などで見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード