いよいよ「令和」に突入!元号変更で需要が増加しそうな業界は?

いよいよ「令和」に突入!元号変更で需要が増加しそうな業界は?

2019年05月01日 20:00

2019年5月1日(水)、皇太子様が新天皇に即位して日本の元号が「平成」から「令和」へ変わりました。

元号変更イベントは30年ぶり。話題となった生前退位(譲位)は史上58回目だそうです。平成30年間を振り返ればキリがないほど様々な出来事がありました。

ところで、元号が変わるとなると対応しなければいけない事項がいくつかあります。

役所の取り扱う書類には元号が数多く使われています。カレンダーにも書いてありますね。そういえば硬貨や紙幣にも…。「令和」に書き換えなければいけないものはもう少しありそうです。

今回のエントリでは、元号が変わって直接的に影響を受ける業界について、いくつか簡単に市場規模などをチェックしたいと思います。


ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・元号変更で直接的な需要増が見込まれるのは「〇〇」「〇〇」「〇〇」「〇〇」
・〇〇業界の市場規模は5.8兆円
・〇〇業界には世界シェアNo.1の日本企業
・〇〇業界はカジノ関連でも需要増を見込む
・最も影響が大きそうなのは、人材不足が懸念される〇〇業界

この続きを見るには
(2436文字 画像14枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
クラウド堅調で営業利益率34% 「マイクロソフト」2019年6月期3Q決算

クラウド堅調で営業利益率34% 「マイクロソフト」2019年6月期3Q決算

時価総額で世界2位(2019年4月25日6時時点)の「マイクロソフト」(ティッカーシンボル:MSFT)が2019年6月期3Q決算を発表しました。