自衛隊も御用達!年間売上5兆円を誇る世界No.1軍需企業「Lockheed Martin」

自衛隊も御用達!年間売上5兆円を誇る世界No.1軍需企業「Lockheed Martin」

軍需産業は世界全体で190兆円規模を誇る市場。今回は、その中で長年トップランナーとして君臨する「ロッキード・マーティン」についてご紹介します。

ロッキード・マーティンの前身であるロッキードは1912年にカリフォルニアで設立された企業。設立当初は教会の中で飛行機の開発・製造を行っていました。第二次世界大戦期に入ると、米軍からの戦闘機の大量受注で急成長。1995年にマーティンと合併し、現在のロッキード・マーティンが誕生しています。日本ではロッキード事件で一躍有名になった企業でもあります。

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した2017年の軍事部門売上の世界ランキングではロッキード・マーティンが世界1位を記録。2位のボーイングの1.7倍近くの売上を誇っています。

2018年の売上は538億ドル。1ドル=111円で換算すると、約6兆円になります。

世界の軍需産業の中で頭一つ抜けた売上を誇るロッキード・マーティンは一体どんな事業を展開しているのでしょうか?

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・100億円以上の最新戦闘機「F-35」を年間に〇〇機納入
・NASAの有人火星探査計画にも参加
・1機で144機を撃墜する世界最強の戦闘機も開発
・北朝鮮ミサイル問題で話題になった〇〇も製造
・米国政府が売上の〇〇%を占める

この続きを見るには
(1890文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
実は宇宙事業がメイン 総務省の大型案件を受注した「スカパーJSATホールディングス」

実は宇宙事業がメイン 総務省の大型案件を受注した「スカパーJSATホールディングス」

今回はスカパーJSATホールディングス(証券番号:9412)について見ていきたいと思います。みなさんスカパーといえばテレビ番組を提供している会社というイメージだと思いますが、実は利益を稼いでいるのは宇宙事業がメインです。

まず沿革から見ていきます。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード