営業利益の82%が版権事業!ドラゴンボールアプリで増収増益の「東映アニメーション」

営業利益の82%が版権事業!ドラゴンボールアプリで増収増益の「東映アニメーション」

今回は、日本のアニメ製作の雄「東映アニメーション」(証券コード:4816)について見ていきます。

(東映アニメーション 公式HP)

東映アニメーションは第二次世界大戦後間もなくの1948年に新宿で設立された企業。設立後、すぐにアニメ制作をスタートさせており、アニメ制作を始めて今年で71年目を迎えています。1986年に放映を開始したテレビアニメ「ドラゴンボール」は大ヒット。以降、10年間に渡って放映される長寿番組となりました。他にもセーラームーンやワンピースなど人気作品のアニメ化を手がけ、現在では日本アニメを語る上で欠かせない企業となっています。

業績は2015年3月期以降、増収増益を続けています。直近の通期売上は460億円。営業利益率は24.5%となっています。

70年以上の歴史を持つ老舗アニメ企業が近年、増収増益を重ねられているのはなぜなんでしょうか?

ここから先は有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・東映アニメーションが生み出してきた名作映画のカオスマップ
・版権事業の売上が4年で〇〇倍に増加
・海外版権の売上が4年で〇〇倍に増加
・バンナムへの売上依存度が〇〇%
・売上の42.4%を〇〇が占める
・アニメ市場は国内外合わせて〇〇兆円

この続きを見るには
(2429文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード