7期連続で売上が増加! 近畿圏に特化して自社分譲マンションを販売する「日本エスリード」

7期連続で売上が増加! 近畿圏に特化して自社分譲マンションを販売する「日本エスリード」

2019年05月09日 12:00

今回はマンションの販売を手がける「日本エスリード」(証券コード:8877)について見ていきます。売上が年々伸びている不動産業系で注目すべき企業です。

1992年の設立以来、25年以上近畿圏に特化してマンションを販売。過去20年累計での近畿圏新築マンション供給数は第1位です。

通常マンションの販売会社は営業活動のみが業務で、設計や施工は外部に委託することがほとんど。しかしエスリードは自社で建設した分譲マンションを販売しているという特徴があります。

2012年には「森トラスト」と資本提携業務契約を締結。これまで単独では取り組めなかった再開発などの大型案件などにも事業を広げていく方針です。

18/3期売上は創業以来最高の483億円

注目したいのが近年の営業成績です。

18/3期売上は創業以来最高で483億円。今期で7期連続の売上増加を達成しました。営業利益は68億円で、同じく最高値を更新しています。

14/3~15/3期は2014年の消費税8%増税前の駆け込み需要の反動を受け、売上は横ばいで推移。しかし16/3期は海外富裕層によるインバウンド投資や国内富裕層の相続税対策などで投資需要が高まり、売上は21.8%増加しました。

設立以来、最高の業績となったエスリード。その背景にはどんな理由があるのでしょうか?

ここから先は有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・2018年の供給数は〇〇戸
・近畿圏のマンション業界の数字をチェック
・〇〇と〇〇だけで供給戸数の〇〇%
・新築マンションの〇〇%は発売月に成約
・近畿圏マンション平均価格は〇〇万円
・〇〇と〇〇が売上の70%を占めるコスト

この続きを見るには
(1787文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
国内 日本エスリード
Pghsjsvg2tyjjqiohztbig

市場規模40兆円!自動車・建設・医療についで大きい「不動産業界」統計データまとめ:その①不動産開発

2019年03月04日 08:30

人口密度の高い日本において、経済発展とともに大きくなったのが不動産業界です。

57gq1b7pu9gpzaugz9iv3w

松岡修造氏の曽祖父で阪急電鉄を作った「小林一三」が創業!不動産事業も展開する「東宝」

2018年09月23日 21:00

今回は映画・不動産事業を展開する「東宝」についてまとめてみたいと思います。

Wakqx0aqfcu tb iov94ww

経常利益率47%!投資に特化した不動産ポータルサイト「楽待」を運営するファーストロジック

2018年05月29日 09:21

今回は、投資用不動産マッチングサイト「楽待」を手がけるファーストロジックについて改めてまとめたいと思います。