主婦特化型クラウドソーシングで成長!4年で売上2倍、黒字化も果たした「うるる」

主婦特化型クラウドソーシングで成長!4年で売上2倍、黒字化も果たした「うるる」

主婦向けのクラウドソーシングサービスを展開する企業「うるる」(証券コード:3979)は今期、過去最高売上となりました。

うるる沿革
うるる創業者の星知也(ほしともや)氏は北海道出身。高校卒業後に通信機器会社でトップセールスマンとして活躍していました。

ワーキングホリデーとしてオーストラリアに行った際、エアーズロック(現地の言葉でウルル)に感動。「ウルルのように世界の中心になりたい」と思い始めました。

 帰国後、入社した会社で「うるる」を社内創業。2006年にはMBOによって独立しました。2007年にはクラウドソーシングサービス「shufti(シュフティ)」を開始。主婦を潜在的な労働力と捉え、在宅で働いてもらうサービスです。2017年には東証マザーズに上場しています。

企業のコア事業以外を請け負うサービスから開始。

うるるは設立当初、BPO事業を行なっていました。
BPO事業では、企業のコア事業以外の仕事を請け負います。例えばデータの入力・確認やDM発送の代行、高度なものだと社内システムの開発も行なっています。

初めは大規模で長期的な案件を受注し、協力会社に発注していました。しかし短期的なものや、少作業のものなど様々なニーズに応えるために、個人のソースを活用したクラウドソーシングサービス「shufti」を開始しました。

2018年通期の売上は19.1億円に増加(前年比:+11%)。経常利益は今期3.9億円となりました。売上増収を支える事業とは一体どの様なものなのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・shuftiの〇〇%が女性で2018年の会員数は〇〇万人
・現在は〇〇事業が売上の60%以上を稼ぎ出す
・会員急増の原因は大型〇〇の投下
・クラウドソーシング市場規模は〇〇億円に

この続きを見るには
(1845文字 画像17枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
四半期売上は過去最高の22億円「クラウドワークス」2019年 2Q決算

四半期売上は過去最高の22億円「クラウドワークス」2019年 2Q決算

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」(証券コード : 3900)が2019年2Q決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード