磯丸水産の店舗数が実は減っている!?業態転換を進める「SFPホールディングス」

磯丸水産の店舗数が実は減っている!?業態転換を進める「SFPホールディングス」

2019年05月14日 12:00

今回は「SFPホールディングス」(証券コード:3198)について取り上げます。SFPホールディングスは都内の駅前でよく見かける磯丸水産を運営している企業です。

SFPホールディングスは1984年に東京都武蔵野市で設立された企業。創業当初は手羽先唐揚げの専門店「鳥良」を運営していました。創業以来、業績を伸ばし続け、2008年には50店舗にまで拡大。

しかし、リーマンショックを受け、店舗の専門店化に経営方針を変更。駅前などでよく見かけることが多い磯丸水産は経営方針の変更を受け、2009年に開業されました。現在は東証一部に上場しており、日本を代表する居酒屋チェーン企業の一角を担っています。

売上は右肩上がりに増加しており、今期は377.5億円となっています。営業利益は今期29.1億円。営業利益率は7.7%となっています。

駅前などで見かけることの多い磯丸水産ですが、実はこの2年で20%近く店舗が減少しています。

今回のエントリでは磯丸水産の店舗数が減っている理由とSFPが掲げる「SFPフードアライアンス構想」の2つを中心に見ていきます。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・磯丸水産から鳥良商店(鳥良)への業態転換を進める
・業態転換により磯丸水産の店舗数は〇〇店舗から〇〇店舗まで減少
・今期〇〇億円規模の自己株買いを実施
・2022年までに売上550億円(2019年378億円)を目指す
・SFPフードアライアンス構想で地方への出店を加速

この続きを見るには
(2322文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
国内 SFPホールディングス
Yaga9auzbogfpcmehejdlg

成功の秘訣は"健全な、いかがわしさ"! 逆風の居酒屋市場で20年連続の売上成長「HUB」

2019年05月23日 12:00

気温が上がり始め、ビールが美味しくなる季節まであと一歩のところとなりました。

W6jynamtykvlslwgwkcpbw

和民の店舗数が減少!業態転換で利益率が改善した「ワタミ」2019年3月期本決算

2019年05月15日 19:35

居酒屋「和民」などを運営する「ワタミ」(証券コード:7522)が決算を発表しました。

Rk3dktljeqyucvw0rspmuw

海外FC事業の営業利益率47%!「大戸屋ホールディングス」2019年3月期本決算

2019年05月15日 07:30

近年、海外でよく見かけるようになった和定食店「大戸屋」をチェーン展開している「大戸屋ホールディングス」(証券コード:2705)の2019年3月期本決算が発表されました。

Qymjecja357ylbm4122wkq

M&Aで店舗数が145店舗増加!さまざまな形態の飲食店を経営する「DDホールディングス」

2019年04月19日 07:00

居酒屋・カフェ・バーなどの飲食店を広く展開し、近年はアミューズメント事業にも力を入れている「DDホールディングス」(証券コード:3073)。「100店舗100業種」を目指すと謳う成長企業です。

Lxbm8ddl o4k adrckdfhw

ダンダダン酒場を運営!店舗数を4年で10倍に拡大した「NATTY SWANKY」が新規上場

2019年02月25日 20:00

今回のエントリでは、先日マザーズ市場への上場が発表された餃子居酒屋の「ダンダダン酒場」を運営する「NATTY SWANKY」をまとめていきます。