縮小気味だった「味噌業界」に転機!海外輸出量は30年で○倍に?

縮小気味だった「味噌業界」に転機!海外輸出量は30年で○倍に?

2019年05月15日 20:00

日本の味とも言える「味噌」はこれまで、生産量の減少が続いていました。

2000年代に国内生産は50万トンを割り込み、2013年には42.6万トンまで減ってしまいました。ピークだった1973年の59万トンから40年間で3割近く市場が縮小したことになります。

しかし、味噌業界にも明るいニュースが飛び込んできました。

2013年12月、「和食」のユネスコ無形文化遺産登録が決定。様々な和食に用いられる味噌にとって追い風となる出来事でした。

直近10年間の推移を切り取ってみると、2013年以降の生産量は増加トレンドとなっています。


さらに味噌業界の復調は、国内生産以外の数字にも表れていることが分かりました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・味噌の海外輸出は○倍に増加
・海外にある日本食レストランの数は〇店舗
・〇市場の拡大もブームを盛り上げる一因に
・味噌業界トップの〇は市場シェア〇%

この続きを見るには
(2188文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード