GMVは1,444億円に増加!米国事業も引き続き成長する「メルカリ」2019年3Q決算

GMVは1,444億円に増加!米国事業も引き続き成長する「メルカリ」2019年3Q決算

フリマアプリ「メルカリ」の2019年6月期3Q決算が発表されました。(決算説明資料

2019年3QのGMV(流通総額)は1,444億円と前年同期と比べて43.8%ほど成長しています。

今四半期の売上は135億円であるのに対し、営業利益は▲23億円と引き続き赤字となっています。

今期メルペイなどのサービスをローンチしたメルカリですが、一体どのような変化が起こったのでしょうか。

ここから先は有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・日本国内のGMVは〇〇億円、MAUは〇〇万人
・国内を牽引するのが〇〇部門
・メルペイの登録者数が〇〇日間で100万人を超える
・メルカリUSのGMVは〇〇億ドルに増加

この続きを見るには
(1153文字 画像12枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
プライベートブランド売上が4割に!「ワークマン」2019年3月期本決算

プライベートブランド売上が4割に!「ワークマン」2019年3月期本決算

「行こうみんなでワークマン」のCMでお馴染み、作業服・作業関連用品を販売する「ワークマン」(証券コード:7564)が2019年3月期の本決算を発表しました。

メルカリ・Netflixがあるのに増収を続ける「ゲオホールディングス」

メルカリ・Netflixがあるのに増収を続ける「ゲオホールディングス」

4月8日に『ゲオホールディングス』は福岡の中古のブランド品リユース「おお蔵」の買収を発表しました。今回は、買収を発表した国内レンタルDVD大手の『ゲオホールディングス』をまとめていきたいと思います。

ゲオや2nd STREETを運営する「ゲオホールディングス」