パレットの販売レンタルで年間100億円!山口県発祥の物流企業「ユーピーアール」が上場申請

パレットの販売レンタルで年間100億円!山口県発祥の物流企業「ユーピーアール」が上場申請

2019年05月20日 20:00

パレットの販売を手がける物流企業「ユーピーアール」が上場申請書を提出しました。

ユーピーアールは1979年にパレットの製造、販売及びレンタルを目的として山口県宇部市で創業。(社名:ウベパレット株式会社)その後、ウベパレット株式会社はレンタルリーシング株式会社と合併。合併によって誕生したのが現在のユーピーアールです。

売上の推移をみてみると2018年の売上は103.7億円。経常利益は8億円ほど稼ぎ出しています。

売上100億円をもたらすパレットとは一体何なのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・レンタル用パレットの保有枚数は〇〇万枚
・ユーピーアールの拠点数は〇〇ヶ所
・アシスタントスーツも販売(価格:〇〇万円)
・物流事業の売上が全体の〇〇%を占める

この続きを見るには
(1501文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード