時価総額はサントリーに匹敵!タイ最大の飲料メーカー「タイ・ビバレッジ」

時価総額はサントリーに匹敵!タイ最大の飲料メーカー「タイ・ビバレッジ」

2019年05月27日 20:00

東南アジアには注目すべき巨大飲料メーカーが存在します。

「タイ・ビバレッジ」はタイ財閥「TCCグループ」の中核企業。1977年にウィスキー企業を買収したのが始まりで、「Chang」ブランドを投入してタイにビール文化をもたらしました。1998年にはビール消費量で「Chang」が国内シェア54%を占めていたといいます。グループが保有する複数の製造会社を統合し、2003年に「タイ・ビバレッジ」が誕生しました。

宗教上の理由でタイ国内から反発を受け、2006年にシンガポール証券取引所へ上場。現在ではアジア有数の飲料メーカーとして日増しに影響力を高めています。

2018年9月期の売上は2,300億バーツと前年から20%増収を達成。1バーツ=3.8円で換算すると約8,000億円で、日本のサッポロホールディングス(5,000億円)を上回ります。

今回のエントリでは、東南アジアで最注目の飲料メーカー「タイ・ビバレッジ」の実態に迫ります。


ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・アルコール飲料以外に〇〇も展開
・〇〇の売上構成比が急上昇した理由とは
・海外売上比率は○%
・世界のビール市場でアジアの消費シェアは○%

この続きを見るには
(1755文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方

世界最大のアルコール飲料メーカー「ABインベブ」の歴史

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は、ベルギーのルーヴェンに本社をおく世界最大のアルコール飲料メーカー。バドワイザーやコロナビールなど、誰もが一度は聞いたことのあるビールブランドを多数抱えている。名前は変だけど。