年間GMVはトヨタ3社分!驚異の50%増収を続ける「アリババグループ」2019年3月期本決算

年間GMVはトヨタ3社分!驚異の50%増収を続ける「アリババグループ」2019年3月期本決算

中国最大のEコマース企業「アリババグループ」(ティッカーシンボル:BABA)が2019年3月期本決算を発表しました。(決算説明資料

まずは中国内の小売全体GMV(流通総額)をチェックしてみましょう。

19/3期のGMVは驚異の5.7兆元、日本円にして91兆円におよびます(1元=16円で換算)。日本最大の売上を誇るトヨタ(30兆円)3社分の商品がアリババのプラットフォーム上で売買されていることになります。

彼らは3年連続で50%以上の増収率を達成し、19/3期の売上は3,768億元(6兆円)まで拡大しました。営業利益は571億元(9,136億円)で営業利益率は15.2%に低下しています。

直近12か月以内に購入実績のある「アクティブ顧客」は6.5億人、モバイルMAU(平均月間アクティブユーザー数)は7.2億人を誇ります。

事業領域を拡大し続けるアリババの事業数値を四半期ベースで詳しく追いかけていきましょう。


ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・〇〇サービスが増収率45%に再加速
・ニューリテール店舗数は〇〇に増加
・〇〇が新たな成長ドライバーに
・アリババクラウドの成長率は〇〇%、アジア太平洋での市場シェア〇〇%
・来期も〇〇%増収を見込む

この続きを見るには
(1478文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
「JD(京東集団)」2Q19決算:創業セール効果で+22%増収に再加速!

「JD(京東集団)」2Q19決算:創業セール効果で+22%増収に再加速!

中国最大級のEコマース企業「JD.com」(ティッカーシンボル:JD)が2019年2Q決算を発表しました。最近は主力の物販事業で成長に陰りが見えていましたが、今四半期の業績はどうだったのでしょうか?

アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)

アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)

前編の続き)

インド最大の決済サービス「Paytm」をビジャイ・シャルマ氏がスタートしたのは2010年のこと。それまでにも多くの企業がインドでモバイルウォレットに挑戦しましたが、成功したものはありませんでした。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード