11年ぶりに営業赤字に転落した「RIZAPグループ」2019年3月期本決算

11年ぶりに営業赤字に転落した「RIZAPグループ」2019年3月期本決算

急激な企業買収で肥大化してしまった自社グループのダイエットに取り組んでいる「RIZAPグループ」(証券コード:2928)が2019年度本決算を発表しました。

今期の売上は2,225億円。18/3期から82.3%増収を果たしています。

営業利益は2008年3月期以来、11年ぶりとなる営業赤字に転落。今期、マイナス94億円の営業損失を計上しています。

売上が急増した一方で、11年ぶりの営業赤字に転落したRIZAPグループ。一体何が起こったのでしょうか?

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・ワンダーコーポレーションの買収&連結子会社化で売上が急増
・本業であるRIZAP関連事業の売上は低迷
・上場子会社の業績をスライド2枚でざっくり確認
・営業キャッシュフローが▲100億円に

この続きを見るには
(2788文字 画像16枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方

今四半期だけで6件のM&A!「シェアリングテクノロジー」の営業利益が約7倍になった理由とは

2018年08月08日 20:00

先日、2017年に上場したインターネット企業「シェアリングテクノロジー」の2018年度Q3決算が発表されました。

のちほど説明しますが、消費者と業者をつなぐ『暮らしの110番』を看板事業としている会社です。