大手の圧力に屈しコンビニ事業を戦略的縮小。ホテル事業に集中した「シー・ブイ・エス・ベイエリア」

大手の圧力に屈しコンビニ事業を戦略的縮小。ホテル事業に集中した「シー・ブイ・エス・ベイエリア」

コンビニ“”経営する会社から、コンビニ“”経営する会社へと舵を取った「シー・ブイ・エス・ベイエリア」(証券コード:2687)について見ていきます。

「シー・ブイ・エス・ベイエリア」の始まりはコンビニ加盟店。1981年に千葉県に1号店をオープンしました。20年近くコンビニ事業を続けてきた当社ですが、2002年にはFA24を買収しクリーニング事業を開始。その7年後となる2009年にはアスクを買収しマンションフロント事業に、同年には「CVS BAY HOTEL」を開業し、ホテル事業に参入しています。

現在はコンビニ、クリーニング、マンションフロント、ホテルの4つの事業を営んでいます。

2018年まで300億円近くあったシー・ブイ・エス・ベイエリアの売上は、今期30%以下となる109億円に減少。この要因をシー・ブイ・エス・ベイエリアの戦略とともに紐解いていきましょう。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・2009年に参入したホテル事業は〇〇沿線をメインに展開
・コンビニ事業の売上が〇〇に
・コンビニ事業の縮小は〇〇のため
・来期の営業利益は前年比+〇〇%

この続きを見るには
(1454文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

ホテル業界第11弾では、ホテルを運営している企業を主要KPI(稼働率や客室単価、インバウンド宿泊者比率など)で比較。仮説を交えながらその要因を探っていきます。

そもそも、各指標はホテル事業にとってどういった意味合いを持っているのでしょうか。

沖縄県の小売業でNo.1の売上! 戦後から沖縄を支え続ける大型スーパー「サンエー」

沖縄県の小売業でNo.1の売上! 戦後から沖縄を支え続ける大型スーパー「サンエー」

今年は異例の10連休ゴールデンウィークとなり、読者の皆さんの中に旅行に行く方もいらっしゃるかと思います。

今回は人気の旅行先、沖縄で成長する大型スーパー「サンエー」(証券番号:2659)について取り上げます。