設立数が2,000社を突破!経産省のデータから大学発ベンチャーの現状を探る

設立数が2,000社を突破!経産省のデータから大学発ベンチャーの現状を探る

2019年05月23日 20:00

先日、経産省が「平成30年度産業技術調査事業 (大学発ベンチャー実態等調査)」という報告書を発表しました。今回は、この報告書に出てくる大学発ベンチャーに関する統計データで面白かったものをグラフ化しつつ、まとめていきたいと思います。

大学発ベンチャー数は2000年代に入って以降、急激に増加しています。2004年に1,000社、2017年には2,000社を突破。2018年には2,278社にまで増加しています。

ミクシィやグノシーも生み出した大学発ベンチャー。今回はそんな大学発ベンチャーの現状について、統計データを通し探っていきたいと思います。

ここから先は有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・大学発ベンチャーで最も多いのは学生ベンチャーではなく、〇〇
・設立総数では東大発ベンチャーが最多で、〇〇社
・京大発ベンチャーが東大発ベンチャーを上回るペースで増加中
・大学発ベンチャーの入口戦略と出口戦略の統計データ
・大学発ベンチャーの76.7%が〇〇出身

この続きを見るには
(3072文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。