成功の秘訣は"健全な、いかがわしさ"! 逆風の居酒屋市場で20年連続の売上成長「HUB」

成功の秘訣は"健全な、いかがわしさ"! 逆風の居酒屋市場で20年連続の売上成長「HUB」

気温が上がり始め、ビールが美味しくなる季節まであと一歩のところとなりました。

今回はおしゃれな雰囲気でお酒が飲める「HUB」(証券番号:3030)について取り上げます。

HUBのルーツはおよそ40年前まで遡ります。

ダイエーの創業者であった中内氏がイギリスのバーに訪問し、雰囲気の良さと安価なお酒に感銘を受けて1980年に神戸市でハブが設立。(同年には六本木でも設立)「週刊誌を買う感覚でお酒が飲める」をコンセプトに経営が始まりました。

しかし、設立直後から"日本の居酒屋スタイルには合致しない"という大きな壁にぶち当たり、連続で赤字を計上。1986年には倒産・清算をして、キャプテンクックに事業を継承しています。

ところが、1998年に再度ダイエーが全株式を買収して再起。2006年には大阪のヘラクレス市場(現:JASDAQ市場)に上場するまで成長をしました。

1992年をピークに縮小する居酒屋・ビアホール市場。2017年には1.01兆円の市場規模となっています。

その状況とは裏腹に1999年から20年連続の増収をし、2019年には115.5億円の売上

20年連続増収のカラクリはHUB創業当時からの"中内イズム"にありました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・ヒットの秘訣は〇〇を作ることにあり
・中内イズムは〇〇の名前に継承
・時価総額〇〇億円
・2019年には〇〇に出店

この続きを見るには
(1437文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
和民の店舗数が減少!業態転換で利益率が改善した「ワタミ」2019年3月期本決算

和民の店舗数が減少!業態転換で利益率が改善した「ワタミ」2019年3月期本決算

居酒屋「和民」などを運営する「ワタミ」(証券コード:7522)が決算を発表しました。

M&Aで店舗数が145店舗増加!さまざまな形態の飲食店を経営する「DDホールディングス」

M&Aで店舗数が145店舗増加!さまざまな形態の飲食店を経営する「DDホールディングス」

居酒屋・カフェ・バーなどの飲食店を広く展開し、近年はアミューズメント事業にも力を入れている「DDホールディングス」(証券コード:3073)。「100店舗100業種」を目指すと謳う成長企業です。

売上は過去最高の510億円(前年比+13.1%)

売上成長率 前年同期比45%超!「串カツ田中HD」19年1Q決算

売上成長率 前年同期比45%超!「串カツ田中HD」19年1Q決算

串カツを中心とした飲食店事業を営む「串カツ田中HD」(証券コード : 3547) の1Q決算が発表されました。