SNS広告に特化!将来、個人が広告になることを予見した「アライドアーキテクツ」

SNS広告に特化!将来、個人が広告になることを予見した「アライドアーキテクツ」

Instagram、Twitter、Facebook、LINEなどで見かけることが多くなったSNS広告。みなさんの中にはSNSを通じて商品を購入した人もいるのではないでしょうか。

今回はSNS広告時代の到来を予見した「アライドアーキテクツ」(証券コード:6081)をご紹介します。

個人が広告になることを予見していた創業者

アライドアーキテクツの始まりはマンションの一室から。中村壮秀(まさひで)氏によって設立されました。2004年にはミクシィが誕生し、2005年にはブログがすでに市民権を得ていました。中村氏は「いつか個人が情報の発信源になる」と予感していたそうです。

2006年、始業当初にはHP制作や口コミサイトの運営を行なっていました。2008年には企業ファンサイトモール(懸賞サイトのようなもの)を運営開始。これが現在の事業モデルの核となりました。

2011年にはFacebook向けのサービス(同サービスに公式アカウントを持つ企業への支援)を開始したことによって事業は拡大し、2013年に東証マザーズへの上場を果たしました。

2016年には海外SNS広告市場規模が拡大したことによって大幅に増収。しかしその年を境に減少トレンドに転じ今期は40.9億円に。

地域別の売上を確認すると、減収の要因は海外にありました。利益率の低い海外SNS広告を縮小しました。当社は今後、現行の事業に集中していくようです。

それでは、当社が注力する3つの事業注力するに値する理由についてみていきます。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・広告はマスベースから〇〇ベースへ
・〇〇圏でのプロモーションに力を入れる
・企業と〇〇をつなぐ事業も展開
・世界でのSNS利用者数は〇〇億人に

公式アカウント運用などを支援する「ファンリレーションシップ・デザイン事業」

アライドアーキテクツは2018年7月にファンリレーションシップデザイン構想を発案しました。今まではマスベース(不特定多数に向けた広告)だったものが、これからはファンベースになっていくと考えています。

ここでいうファンとはアイドルのファンのような熱狂的なものではなく、企業に愛着がある・関心がある消費者のこと。この“ファン”との繋がりを拡大・深化しようという考えがファンリレーションシップデザイン構想です。

当社はこの構想をさらに3つに分けて企業のマーケット支援を行なっていきます。
・SNSマーケット支援:公式SNSの開設
・ファンマーケット支援:イベントやwebを通じてファンを拡大・深化
・UGCマーケット支援:User-Generated Contentsの略で生活者が作ったコンテンツ(写真や動画)を用いて広告活動を進めていく

SNS広告に特化した当社がこの事業に注力するのは至極当然ですが、SNS広告が効果的な理由やその特徴について確認します。

ICT総研によると日本国内のSNS利用者は2020年に7,937万人に増加。ネット利用者に対するSNS利用者の割合は78.7%にものぼると言われています。

当社の調査によると、Instagramの投稿から商品を購入したことがあるユーザーは全体の58.6%。SNS広告がいかに影響力があるか分かります。しかしSNS広告は消費者の目に触れる機会が多くなる一方で、広告色の強い投稿などは嫌われる傾向にあります。

イメージ先行や機能訴求をするのではなく、普段使いや生活になじむような“使用感の伝わる”投稿が鍵になってくると考えたアライドアーキテクツは今後、UGC(消費者が投稿したコンテンツ)を使ってプロモーションを進めていきます。

「越境・インバウンド プロモーション事業」では中国のインフルエンサー市場に注力

中国のSNSユーザーはなんと10億人。アライドアーキテクツは、企業の中華圏にむけたプロモーション活動の支援も行います。

例えばchinatouchは企業と中国人を繋げ、商品を提供し口コミを中国に向けて発信してもらうサービス。WEIQ(Weibo公認のコンテンツ拡散サービス)では企業のキャンペーンやコンテンツを、インフルエンサーを通じて中国のSNSユーザーに発信するサービスを提供しています。

経済産業省によると、日本から中国にむけたECの市場規模は2021年に2.85兆円まで拡大。中国へのEC市場が拡大する一方で、中国特有のSNS(Weiboなど)を活用したプロモーションができる企業が少ないと考える当社は、今後この事業に注力していきます、

人材マッチングサービスは成長投資期

デジタル広告市場の拡大に伴い、メディア広告も多様化。広告クリエイティブのニーズも増加し、企業が抱えるクリエイターのリソースには限界があると考えた当社は、広告クリエイターと企業をつなぐプラットフォーム(CREADITS)を展開しています。(冒頭で縮小したと言及した海外広告とは違い、これは広告クリエイターと企業のPFです。) 

Digital Ad Spending Worldwideによると、2018年の世界デジタル広告市場規模は30兆円。市場の拡大は2021年まで続き47兆円に到達する見込みです。

アライドアーキテクツは、クリエイティブプラットフォーム(CREADITS)は、まだ育成段階と考えており、今後の成長にむけて準備を進めています。

2019年の営業利益は2.5億円に増加。事業の育成段階にあったCREDITSの収益改善が進むためと考えられます。

売上原価率は57,8%に改善、時価総額は72.3億円で低下傾向

コスト構造を確認すると、2015年には広告媒体費がかさみ売上原価率が上昇。人件費は減少トレンドで今期は18.1%となっています。

2016年から有利子負債が発生し今期は12.5億円に増加。2013年には東証マザーズへの上場で払込資本が急増しています。

現預金は上下動を繰り返し今期は13.6億円に。資産の45%となっています。

営業CFは前期からマイナスが拡大し-3.6億円に。2016年には長期借入金の調達によって財務CFが大幅に増加しています。

時価総額は72.3億円で、ネット有利子負債を考慮した企業価値(EV)は73.5億円。今期売上40.9億円に対してEVは1.8年分の評価を受けています。

まとめ

・広告はマスベースからファンベースへ
 ・中華圏でのプロモーションに力を入れる
 ・企業と広告クリエイターをつなぐ事業も展開
・世界でのSNS利用者数は30億人に

参考

アライドアーキテクツ 2018年決算短信

アライドアーキテクツ 2018年決算説明資料

アライドアーキテクツ 2019年1Q決算説明資料 

元サイバーエージェント子会社「サイバー・バズ」新規上場!SNS運用代行が急成長

元サイバーエージェント子会社「サイバー・バズ」新規上場!SNS運用代行が急成長

インフルエンサー・マーケティング支援サービスを展開する「サイバー・バズ」(証券コード:7069)の東証マザーズ上場が承認されました(上場予定日:9月19日)。

サイバー・バズはもともと2006年にサイバーエージェントの100%子会社として設立された企業です。