10億枚売れたヒートテック!実はあの製品も!? 東レ×ユニクロ 共同開発の歴史

10億枚売れたヒートテック!実はあの製品も!? 東レ×ユニクロ 共同開発の歴史

今回は「ヒートテック」を足がかりに、日本が誇る繊維企業「東レ」と「ユニクロ」の共同開発の歴史を読み解きます。

「ヒートテック」はユニクロの大ヒット商品となった機能性インナー。2003年の発売以降、冬の定番商品として大ヒットしていますが、実は国内を代表する繊維メーカー「東レ」と「ユニクロ」の共同開発によって生まれました。

その特徴は4種類の繊維がもたらす発熱・保温・DRYの3つの機能です。体内から蒸発する水分を吸収して熱エネルギーに変換し発熱する上、中が空洞の糸を65%使用しているため空気層の断熱効果で保温機能も実現。さらに表面積を増やした異型ポリエステル繊維を使用しており、汗をかいてもすぐに乾きます。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・共同開発の歴史は〇〇から
・ヒートテック開発のきっかけは「〇〇」
・〇〇と〇〇を経て現行モデルのヒートテックが完成
・大ヒット商品「〇〇」と「〇〇」も共同開発していた!
・2020年、東レとユニクロの取引累積額は〇〇円に

この続きを見るには
(1603文字 画像9枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
時代への逆張りで「デフレ経済の勝者」に!ベーシックカジュアルで成功した「ユニクロ」の歴史

時代への逆張りで「デフレ経済の勝者」に!ベーシックカジュアルで成功した「ユニクロ」の歴史

今や日本を代表する企業となった「ユニクロ」。バブル崩壊以降、不況にあえぐ多くのアパレルブランドを尻目に、業界を席巻しました。

現在のユニクロは、「ヒートテック」「ウルトラライトダウン」などの高機能製品が売りです。しかし、かつては安売りの代名詞として語られていたことを覚えている方も多いと思います。

売上高は前年比プラス20%! 「ZOZO」2019年本決算

売上高は前年比プラス20%! 「ZOZO」2019年本決算

2019年04月25日 17:40

Eコマースを中心としたアパレル企業「ZOZO」(証券コード:3092)の2019年3月期本決算が発表されました。

海外の売上が好調!「ファーストリテイリング」2019年8月期2Q決算

海外の売上が好調!「ファーストリテイリング」2019年8月期2Q決算

ユニクロやGUなどのアパレル事業を中心に営む「ファーストリテイリング」(証券コード:9983)が決算を発表しました。