クーポンを売りまくって手数料で稼ぐ米テック企業

2016年12月06日 21:19

リテールミーノット(ティッカー:SALE)とはアメリカのデジタルクーポンを発行するテック系企業である。現在NASDAQに上場しているテック企業である。       

■サマリー
○2015年6月〜2016年の6月までにサイトにとずれた数は6億8800万回。
○モバイルの月間ユニークビジターは1900万人
○モバイルからのトラフィックは45%
○メルマガの購読者数は49万人 8月Q2決算時点で、
○537人の社員数を誇る
○売上高(FY2015) 249.12MM USD (約259億円)
○利益(FY2015): 11.85MM( 約12億円)

(画像: RetailMeNot)


■事業内容

アメリカで現在オンライン及び、店舗において、ブランド、レストラン、小売業者と消費者を繋ぐクーポンサイトを運営している。現在、海外拠点はアメリカ、英国、ドイツ、カナダ、フランス、オランダ、スペイン、イタリア、ポーランドで展開している。小売業者はリテールミーノットからデジタルクーポンを発行しする事ができ、そのクーポンが消費者に使用されれば、手数料が入る仕組みとなっている。 


■会社沿革

・2009年:WhaleShark Mediaとしてスタート 
・2010年:RetailMeNot がWhaleShark Mediaと合併
・2011年:VoucherCodes.co.uk がRetailMeNotと合併 
・2012年:iOSとAndroidOSのアプリをリリース iDeals.com, Poulpeo and Bons–de– Reduction.comが合併 
・2013年:WhaleShark Mediaが正式にRetailMeNot, Inc.としてスタート NASDAQに上場 ma-reduc.com とActiePagina.nl が合併 カナダ進出 
・2014年:タブレットのアプリをリリース 
・2016年:イタリア、スペイン、ポーランドに進出

シェア/お気に入り
資料をダウンロード