裏でエンタメ業界を牛耳ってる!? 格闘技グループUFCも買収した「Endeavor」が上場申請!

裏でエンタメ業界を牛耳ってる!? 格闘技グループUFCも買収した「Endeavor」が上場申請!

2019年05月25日 20:00

世界25ヶ国で700イベント以上をマネジメントする米国エンタメマーケティング企業「Endeavor」がNASDAQ市場に上場申請を提出しました。

Endeavorは2016年、アメリカのビジネス雑誌Fortuneより「世界で最も重要な非公開会社(25 Most Important Private Company)」に選出。"裏で世界を牛耳っている"とも言える会社です。

母体の「Endeavor」自体は1995年、ハリウッド4大エージェンシーの1社「ICM」に在籍していたアリエル・エマニュエル氏が独立して設立した企業です。

業界に激震が走ったのは2009年。Endeavorは「WMA」との経営統合を果たします。このWMAはチャップリンやエルビス・プレスリー、マリリン・モンローの代理人も努めていた世界最古のエージェンシーで、その始まりはなんと1898年までさかのぼります。

さらに2014年には世界中のスター選手をマネジメントするスポーツエージェンシー「IMG」を買収。エンタメ業界だけでなく、スポーツ業界も手中に収めるエージェンシーへと巨大化しました。

売上高は継続して増加。直近4年のCAGRプラス29%で、2018年は36.1億ドルとなっています。

エンタメ・スポーツ業界に大きな影響力を持つEndeavorは、一体どのような事業を運営しているのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

この続きを見るには
(1307文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード