売上11兆円の巨大未上場企業!「ファーウェイ」の歴史と業績(後編)

売上11兆円の巨大未上場企業!「ファーウェイ」の歴史と業績(後編)

「ファーウェイ」の歴史と業績(前編)の続き

1987年、幾度となく苦難を乗り越えた任正非(レン・ツェンフェイ)によって創業されたのが中国の巨大IT企業「ファーウェイ」です。

起業当初は香港企業が製造する電話交換機を輸入し、中国国内の地方市場で販売。

その後、1992年には売上が1億元を突破し、2009年にはファーウェイ初のAndroidスマートフォンを発売開始します。

(1元=15.9円)

売上の推移を見てみると2009年には1,491億元(2.4兆円)だった売上が、2018年には7,212億元(11.5兆円)にまで増加。営業利益は733億元(1.2兆円)を稼ぎ出しています

年間売上11兆円にものぼるファーウェイですが、10年足らずで売上が5倍ほど増加しています。

そして、このファーウェイの急成長には〇〇事業が大きく貢献していました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・2019年中には〇〇スマホが販売される予定(30万円)
・2018年のスマホ出荷台数は〇〇台
・世界のスマホシェア〇〇%
・創業者の株式保有率は〇〇%

この続きを見るには
(2295文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
サービス売上が115億ドルに!「Apple」2019Q2決算速報

サービス売上が115億ドルに!「Apple」2019Q2決算速報

2019年05月01日 09:30

高級スマホメーカー「Apple」の2019年9月期2Q決算が発表されました。

中華スマホメーカーとして躍進するファーウェイが所有する、スマホ事業よりも大きな事業とは

これまで、スマートフォン業界での販売台数シェアはサムスン電子が圧倒的一位で、それにアップルが次ぐという状態になっていましたが、この構図は変わりつつあるようです。