使用率が拡大するオールインワン化粧品!国内市場でNo.1の「新日本製薬」が新規上場

使用率が拡大するオールインワン化粧品!国内市場でNo.1の「新日本製薬」が新規上場

2019年05月29日 07:00

最近耳にすることも多くなってきたオールインワン化粧品。その販売を主力事業とする製薬企業「新日本製薬」が上場申請書を提出しました。

新日本製薬は1992年創業。当初は健康食品や基礎化粧の販売を中心に行っていて、2001年にテレビ通販を開始しました。2006年に「ラフィネパーフェクトワン」シリーズの販売を開始すると、大ヒット。2015年にシリーズ3,000万個を売り上げた後、2019年には5,000万個に到達しました。

富士経済によると、現在「パーフェクトワン」シリーズはオールインワン化粧品のうち、他社製品を抑えて国内売上1位となっています。

2018年の売上は312億円で、経常利益は25億円ほど稼ぎ出しています。

2014年から4年で138億円の売上を伸ばしている計算となります。

そもそもオールインワン化粧品とは、その名からわかるように、一般的には5種類の化粧品の役割を兼ね備えた化粧品のことを指します。

化粧水・乳液・クリーム・美容液・下地の効能を持っており、五役すべてを担うと評されることも多いです。

オールインワン化粧品がどれほどの人に利用されているのか、背景とともに説明します。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。


・女性のスキンケアにかかる時間は一年で〇〇○時間
・オールインワン化粧品使用率は6年で、〇倍に
・通信販売事業の売上は全体の〇〇%を占める
・広告販売比率は〇〇%

この続きを見るには
(1189文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
営業利益率が5年で2.3倍に 資生堂や花王を営業利益率で上回る「コーセー」

営業利益率が5年で2.3倍に 資生堂や花王を営業利益率で上回る「コーセー」

2019年04月19日 12:00

今回は雪肌精で有名な化粧品企業「コーセー」について取り上げます。 

コーセーは戦後間もない1946年に小林孝三郎氏によって創業された企業。小林氏は元々化粧品の製造業者で働いており、そこで得たノウハウをもとにコーセーを設立しました。

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2019年04月17日 20:00

大人の女性にとって欠かすことのできない日用品である化粧品。今回のエントリでは女性の美を支える資生堂が、ここ2年で営業利益率を大幅に改善した戦略についてまとめていきます。

1872年に日本初の民間調剤薬局として設立

売上成長率68%!GABA生みの親「ファーマフーズ」

売上成長率68%!GABA生みの親「ファーマフーズ」

2019年03月29日 07:00

ファーマフーズ」(証券コード:2929)は「医薬」(Pharmaceuticals)と「食」(Foods)を掛け合わせた言葉で、健康維持と生活の質(Quality of Life)の向上に役立つ機能を明確に持つ食品素材を創造する会社です。

機能性食品素材の開発を目的に設立された「ファーマフーズ」