創業者は人民解放軍出身!今さらきけない「ファーウェイ」の歴史と業績(前編)

創業者は人民解放軍出身!今さらきけない「ファーウェイ」の歴史と業績(前編)

5月15日、ドナルド・トランプ米大統領が米国企業が非米国企業の通信機器使用を禁止する大統領令に署名をしたことが発表されました。

この政府の意向により、Googleはファーウェイ製スマホ向けのOS(オペレーティングシステム)であるAndroidの新規ライセンスの停止を検討していることがわかりました。

世間を賑わせている中国の大手IT企業「ファーウェイ(華為技術有限公司)」ですが、未上場企業であるため確かな情報は出回っていません。

今回はそんな謎に包まれた巨大IT企業「ファーウェイ」の歴史と業績についてまとめていきたいと思います。

レンの祖父はハム職人として成功

ファーウェイの創業者は任正非(レン・ツェンフェイ)氏で、彼は1944年10月に中国の貴州省鎮寧県で誕生しました。

レンの祖父はハム造職人。祖父が造るハムは美味しいと評判になり、レンの祖父は商売人として成功。

レンの父親は祖父の影響でかなり裕福な少年時代をおくったようです。

そんな裕福な家庭で育ったレンの父親は勉学に精を出し、北京の大学に進学。

当時、村で最初の大学生だったこともあって、科挙試験(1300年間にわたって行われた中国の難関官僚登用試験)に合格した人のようにもてはやされました。

その後、彼は大学の経済学部に進学。そこで中国共産主義青年団に入団し、抗日救国運動に情熱をそそぎました。

しかし在学中に両親(レンの祖父母)が病死。大学に行くことができなくなったレンの父は、仕方なく退学することになったのです。

大学を退学した後は、浙江省の水産大学や農業学校の講師を歴任。そして1944年に誕生したのが、後のファーウェイ創業者「任正非(レン・ツェンフェイ)」だったのです。

人生初のハードシングス到来

レンは博学な父親を見習い、成績はずっとトップクラス。当時読んでいたギリシア神話「ヘラクレス」の影響を受け、いつか自分もヘラクレスのように大きなことを成し遂げたいと思ったのでした。

この続きを見るには
(2238文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
4enm cppddxeqya9zobiya

サービス売上が115億ドルに!「Apple」2019Q2決算速報

2019年05月01日 09:30

高級スマホメーカー「Apple」の2019年9月期2Q決算が発表されました。

V4u u5 zzrnwrulxwhey7w

「トランプvs中国」で追い風!5G設備で米国10%増収の「エリクソン」2018年決算

2019年02月02日 20:00

今回は世界最大手の通信設備メーカー「エリクソン」の最新決算をピックアップします。

Emjfrihyyobsveg7nfo2aw

40年でGDP1万倍!漁村から奇跡的な発展を遂げた深センの歴史(前編)

2019年01月19日 12:00

中国・深センは現在、イノベーション都市として世界中から注目を集めています。

8ioegjc03xwj zwn4yhyqw

中華スマホメーカーとして躍進するファーウェイが所有する、スマホ事業よりも大きな事業とは

2017年09月17日 20:30

これまで、スマートフォン業界での販売台数シェアはサムスン電子が圧倒的一位で、それにアップルが次ぐという状態になっていましたが、この構図は変わりつつあるようです。