中国でオンライン売上No.1!EC時代の勝者となった新興アパレルブランド「GXG」が香港市場にIPO

中国でオンライン売上No.1!EC時代の勝者となった新興アパレルブランド「GXG」が香港市場にIPO

2019年05月30日 12:00

注目のアパレル企業が香港証券取引所へ新規上場を果たしました。

「GXG」は2007年に立ち上がった新興ブランドです。個性的なストリートスタイルが評判となってすぐさま中国のイケてる若い男性から支持を得ました。

現在では中国で市場シェア2位、オンライン販売ではトップシェアを誇るほどにまでブランドとしての地位を確立しています。

2018年の売上は37.9億元(1元=16円で換算すると606億円)、営業利益は6.0億元(営業利益率15.8%)です。

今回のエントリではGXGの事業戦略とともに、中国アパレル市場の興味深いデータも整理していきます。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・ジーンズやキッズ向けなど新規ブランドも順調に成長
・Tmall&タオバオで〇〇億円を売り上げる
・〇〇店舗の出店を拡大
・中国アパレルのオンライン市場は〇兆円規模に

この続きを見るには
(2058文字 画像15枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
カジュアル衣料や「流行」を大衆化!ジャンルを代表するSPA企業「GAP」と「ZARA」が生まれた理由

カジュアル衣料や「流行」を大衆化!ジャンルを代表するSPA企業「GAP」と「ZARA」が生まれた理由

2019年05月12日 12:00

前編では、日本のアパレル業界で「ユニクロ」がどのように台頭してきたか、なぜ彼らが「安売り」イメージからの脱却を目指したのかについてお話ししました。

後編では、グローバルブランドとなりつつあるユニクロが、世界のアパレル市場でどのようなポジションを狙っているかについて整理します。

時代への逆張りで「デフレ経済の勝者」に!ベーシックカジュアルで成功した「ユニクロ」の歴史

時代への逆張りで「デフレ経済の勝者」に!ベーシックカジュアルで成功した「ユニクロ」の歴史

今や日本を代表する企業となった「ユニクロ」。バブル崩壊以降、不況にあえぐ多くのアパレルブランドを尻目に、業界を席巻しました。

現在のユニクロは、「ヒートテック」「ウルトラライトダウン」などの高機能製品が売りです。しかし、かつては安売りの代名詞として語られていたことを覚えている方も多いと思います。

親会社ケリングからの独立が決定!今なお成長を続けるドイツのスポーツアパレル企業「プーマ」

2018年06月21日 09:59

今回は、ドイツを本拠地とする世界的スポーツブランド「プーマ」についてご紹介します。