Uber Eats取扱高が30億ドルを突破!「Uber」2019年1Q決算

Uber Eats取扱高が30億ドルを突破!「Uber」2019年1Q決算

2019年05月31日 18:00

ライドシェア企業「Uber」(ティッカーシンボル:UBER)が2019年5月10日後、初の決算発表を迎えました。

まずはUberのプラットフォーム上における総取扱高(配車やUber Eatsなどの総利用額)を確認します。

今四半期の総取扱高は146億ドルと右肩上がりの成長を続けています。前年同期から34%の増加となりました。

一方でUberの実入りは伸び悩んでおり、四半期の調整後売上(インセンティブ報酬を差し引いた実質的な売上)は28億ドルです。1Q18以降は営業損失が拡大。詳しい決算数値から要因を探ります。

アクティブユーザー数9,300万人、1回あたりの平均利用額は9.5ドル

UberのMAU(平均月間アクティブユーザー数)を四半期ベースで追いかけると季節性があることが分かります。

この続きを見るには
(1674文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
「Uber」2019年2Q決算:「Lyft」との熾烈なシェア獲得合戦の現状は?

「Uber」2019年2Q決算:「Lyft」との熾烈なシェア獲得合戦の現状は?

2019年08月09日 18:00

世界各地でライドシェアを展開する「Uber」が2019年2Q決算を発表。競合「Lfyt」の事業数値とも比較しながら最新の状況を整理していきます。

さっそくUberでの配車やUber Eatsなどを含めた総取扱高(世界全体)を確認します。

上場後初となる決算で11.6億ドルの営業損失を計上した「Lyft」2019年1Q決算

上場後初となる決算で11.6億ドルの営業損失を計上した「Lyft」2019年1Q決算

2019年05月08日 09:45

先日、ナスダックに上場したライドシェアサービス「Lyft」(ティッカーシンボル:LYFT)が上場後初となる決算を発表しました。