インバウンドの宿泊率は45%!初代社長は箱根を一躍温泉街にした「藤田観光」

インバウンドの宿泊率は45%!初代社長は箱根を一躍温泉街にした「藤田観光」

ホテル業界特集の第2弾

藤田観光(証券コード:9722)のルーツは1869年の藤田財閥。近年はインバウンドに向けた施策を展開するなど、新しい試みもおこなっています。

藤田観光は、1955年に藤田興業の観光部門が独立してできました。ホテル業をメインとし、1953年には箱根ホテル小涌園を開業。1973年には藤田観光(株)初の直営ワシントンホテル、札幌第1ワシントンホテルを開業し、大証1部に上場しています。

2015年には「ゴジラホテル」で有名になったホテルグレイスリー新宿をオープンしています。

藤田観光の今期の売上は前期から▲1.9%となる692.9億円。営業利益はほぼ半減し、11億円となりました。売上減収もセグメント別売上には、変化が起きていました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

この続きを見るには
(2203文字 画像14枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード