【写ルンです】が大ヒット!市場規模1/10の危機を乗り越えた「富士フイルム」の歴史

【写ルンです】が大ヒット!市場規模1/10の危機を乗り越えた「富士フイルム」の歴史

今回は「写ルンです」などのフィルムカメラでおなじみの「富士フイルム」が、デジタルカメラへの移行の危機をどうやって乗り越えたのかを見ていきます。

富士フィルムといえば有名なのは「フィルムカメラ」です。

タイトルにもあげた「写ルンです」以外にも、チェキという名前でおなじみの「instax」、カメラのネガフィルムなどを製造・販売しています。

2000年度売上の54%は写真事業

その特徴は売上にも反映されています。

そんな富士フイルムの2000年度売上を見てみると、売上の54%は写真事業によるもので、大きく依存していることがわかります。

カラーフィルムの需要は10年で1/10に

しかし、そんな写真事業に未曾有の危機がやってきます。

ご存知の通り、デジタルカメラのやカメラ付き携帯電話の普及を背景に、フィルムカメラの需要は2000年以降急落。2000年度から2010年度の間に、カラーフィルムの需要量は1/10以下になりました。

富士フイルムはこの主力事業の市場縮小という危機を、どう乗り越えたのでしょうか?

 ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。  

・富士フイルムの起源は〇〇 
・「写ルンです」最盛期の1997年には〇〇万台販売
・写真事業の売上は19年で〇〇%減少
・「〇〇」と「〇〇」で危機を乗り切る
・写真事業の売上に占める割合は54%から〇〇%に低下

この続きを見るには
(1983文字 画像8枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
営業利益率54.1%!平均年収ランキング1位「キーエンス」2019年3月期 決算速報

営業利益率54.1%!平均年収ランキング1位「キーエンス」2019年3月期 決算速報

2019年04月24日 18:00

自動車、半導体、電子・電気機器、通信、機械、化学、薬品、食品など、製造業のあらゆる分野において25万社以上と取引を行う「キーエンス」が2019年3月期決算を発表しました。