ミラーレスで高シェア!金額シェア1位の「ソニー」

ミラーレスで高シェア!金額シェア1位の「ソニー」

2019年06月18日 20:00

カメラ業界第6弾となる今回は、言わずと知れた大企業「ソニー」(証券コード : 6758)を扱います。ソニーはカメラ業界の中でも、特定の分野で強い企業なんです。

ソニーはキヤノン・ニコンに続く3位のシェア。デジカメ市場のおよそ1/5を握っています。

その市場について見てみると、デジカメ市場は縮小傾向にあります。

カメラ映像機器工業会」の統計によれば、2007年に11,976万台あった出荷台数は2018年に1,942万台にまで減少。レンズ一体型に限れば、出荷台数はピーク時の8%程度となっています。

ミラーレス市場は2.2倍に成長

ところがミラーレス市場に関しては、全く違う傾向が見られます。

ミラーレスなどのノンフレックスカメラの国内出荷総額は2,724億円と、6年前に比べて2.2倍に成長。デジカメ市場全体では縮小傾向にありますが、ミラーレスに限れば市場は成長しているといえます。

そんなミラーレス市場で活躍するのがソニーです。

ソニーはミラーレス市場における販売額シェアで1位を誇ります。

2大メーカーを追って市場に参入し、デジタルカメラ市場では3位のソニーが、なぜミラーレスカメラで成功を収めることができたのでしょうか?

ミラーレスでの成功の理由を知るためには、その開発ストーリーを知る必要があります。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・開発ストーリー 〜成功のヒントはアメリカにあった〜
・2大カメラメーカー「キヤノン」「ニコン」にはできなくて、「ソニー」だけができた「〇〇」
・販売台数は〇〇も、売上は〇〇
・1番高いミラーレス製品は〇〇万円
・イメージング事業は全体の売上の〇〇%、営業利益の〇〇%を占める

この続きを見るには
(2687文字 画像15枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード