9年連続増収!12回のM&Aで塾事業を拡大「学研ホールディングス」

9年連続増収!12回のM&Aで塾事業を拡大「学研ホールディングス」

学研教室などの教育サービスや医療福祉事業を行なっている「学研ホールディングス」(証券コード:9470)を取り上げます。

創設者の故・吉岡秀人は少年時代、熱心な勉強家だった!

参考
幼くして父を亡くした吉岡秀人は、たった1人で懸命に頑張る母の姿をみて育ちました。母は口癖のように「お前は先生になってくれ」という言葉を繰り返し説き続けます。

中学へ行けなかった吉岡は、母を支えるために昼は働き、夜は勉強をして少年時代を過ごしました。「世の中では名誉も大事。お金も大事。でも、それよりもっと大事なものは教育だ」これが母の信念でした。

努力の末、独学で師範学校(現教員養成学校)へ入学し、卒業の翌年に超難関試験(旧制の文部省教員検定試験)に合格することができたのです。

1946年4月、「戦後の復興は教育をおいてほかにない」 という信念のもと「学習研究所」を創立しました。

当時の学習研究所(現在の学研HD)は起業後間もなかったので、学習雑誌を出版しても取次が扱ってくれませんでした。そのため、書店を通さずに学校で直接販売するシステムで事業をスタートしました。

しかし、1971年に消費者基本法が制定されたのをきっかけに「学校を商売の場所にするな」という批判が殺到し中止。通称「学研のおばちゃん」と呼ばれる女性販売員が直接家庭へ訪問販売するシステムへ変えることで事業を維持できました。

21世紀の荒波を潜り抜けるために繰り返したM&A

21世紀は戦後当時とは市場環境が全く異なり、学習雑誌の売れ行きが悪化。出版市場が急速に縮小し、減収が続きました。(08年3期で10年連続の減収)

少子高齢化・デジタル化によって小さくなっていく市場に対し、持株会社となり効率的なグループ経営を行うことで状況を打開しようと試みます。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・教育サービス事業の売上が6年で〇〇%上昇
・医療福祉サービス事業の売上が6年で約〇倍に急成長!
・18/9期は〇〇億円の有利子負債でPL・BSに大きな変化が
・ 来期の医療福祉サービス事業売上は驚異の+〇〇%(〇〇億円)見込み

この続きを見るには
(1962文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
受講者数は11万人超え!中国で英語教育を展開する「Meten」が上場申請

受講者数は11万人超え!中国で英語教育を展開する「Meten」が上場申請

2019年05月26日 07:00

中国で英語教育を展開する「Meten」がアメリカのニューヨーク証券取引所に上場申請書を提出しました。(ティッカーシンボル:MEDU)

中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

2019年05月14日 20:00

中国版の東進ハイスクール「GSX TECHEDU」がニューヨーク証券取引所に上場申請書を提出しました。

GSXはハーバード大学ビジネススクール出身の『Larry Xiangdong Chen』氏によって2014年に創業されました。

中国最大の塾を運営!年間入塾者数630万人の「New Oriental Education」

中国最大の塾を運営!年間入塾者数630万人の「New Oriental Education」

今回のエントリでは中国で最大の塾を運営する「 New Oriental Education & Technology Group, Inc」(ティッカーシンボル:EDU)についてまとめていきます。

中国の教育市場は73.4兆円規模にまで成長する見込み、通期売上は24.5億ドル(+36.0%)

シェア/お気に入り
資料をダウンロード