東大現役合格、史上最高801名!映像×FCの教育大手「ナガセ」

東大現役合格、史上最高801名!映像×FCの教育大手「ナガセ」

2019年06月24日 12:00

センター試験が廃止され、2020年度から新方式の入試制度が導入されることが決定したのは衝撃的でした。私立大学の合格者絞り込みなど、近年の受験業界を取りまく環境は大きく変わり続けています。

そのような環境変化の中で、史上最高の東大現役合格者数を達成した予備校があります。 今回はそんな受験業界の教育大手「東進」で有名な「ナガセ」(証券コード:9733)を取り上げます。

 ナガセは、現社長の永瀬昭幸氏が在学中に自宅アパートで始めた「ナガセ進学教室」を母体に、1976年「(株)ナガセ」として設立。2004年、ジャスダック(JASDAQ)に上場をしています。 

 売上高ではここ4年ほど450億円程で横ばいになっています。しかし、営業利益で見ると、2019年は27億円と2018年の半分程度に落ち込みました。

ナガセはなぜ営業利益が減少したのでしょうか?ナガセを取り巻く受験業界の変化とは?

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただけます。

この続きを見るには
(2777文字 画像15枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

2019年05月14日 20:00

中国版の東進ハイスクール「GSX TECHEDU」がニューヨーク証券取引所に上場申請書を提出しました。

GSXはハーバード大学ビジネススクール出身の『Larry Xiangdong Chen』氏によって2014年に創業されました。

未成年人口の増加と厳しい学歴社会を背景に急成長!中国の教育テクノロジー企業「TAL Education Group」

今回は、中国の教育テクノロジー企業「TAL Education」について調べてみたいと思います。

「TAL」という名前は「Tomorrow Advancing Life」の頭文字で、テクノロジー・ドリブンかつ高品質な教育サービスを提供。