稼働率は驚異の90%超!社員寮からホテルへシフトする「共立メンテナンス」

稼働率は驚異の90%超!社員寮からホテルへシフトする「共立メンテナンス」

ホテル特集第4弾は、ビジネスホテルの稼働率が今期90%を超えた「共立メンテナンス」(証券コード:9616)です。

共立メンテナンスの創立は1979年。今年で40周年を迎えます。

当初は給食事業の受託をおこなっていましたが、1980年からは学生寮をスタート。1985年には社会人寮にも手を広げています。

1993年には現在の中核事業となるホテル業を開始しました。1999年には東証第2部に上場し、2001年には第1部に市場変更しています。

2019年通期の売上は過去最高の1,628億円。営業利益も過去最高の146億円を記録しています。増収増益の成長ドライバーはホテル事業、しかしその背景には〇〇事業のある文化がありました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・創業者はもともと〇〇を目指していた
・ホテル事業は7年で〇〇倍に成長
・2015年、〇〇で世界5位に。その理由は?
・インバウンド比率は〇〇%まで上昇
・2022年にはビジネスホテル〇〇軒

この続きを見るには
(2453文字 画像20枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方