波に乗るホテル業界特集「前編」〜ホテルの始まりと新たな潮流まで〜

波に乗るホテル業界特集「前編」〜ホテルの始まりと新たな潮流まで〜

2019年06月16日 12:00

ホテル業界第6弾では、ホテルの始まりから現在のホテル業界のトレンドを取扱います。

人口減少とインバウンドで注目を浴びるホテル

皆さんご存知の通り、日本の人口は2008年ピークを迎えその後減少の一途を辿っています。特に生産年齢人口(15〜64才)は1995年8,716万人から2030年には6,773万人まで約2000万人の減少が見込まれています。

これは、マンションやオフィスビルにとっては大きな痛手。日本に“住む人”や“働く人”が減ることでこれらの需要は減る可能性が十分にあります。

一方で増加が目覚ましいのが、インバウンドです。2013年には1,000万人を突破し2018年には3,119万人を記録。2030年には6,000万人の誘致を政府は掲げています。

では実際にホテル市場一体どうなっているのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・ホテル市場は〇〇傾向
・ホテルの形態はどんなものがある?
・儲かるホテルは〇〇?
・インバウンドが増加した理由って?

この続きを見るには
(2746文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
「京王電鉄」はなぜ民泊に参入したのか

「京王電鉄」はなぜ民泊に参入したのか

2019年06月14日 07:00

ホテル業界第5弾は、鉄道業界初の民泊事業に参戦した「京王電鉄」(証券コード:9008)です。今回は民泊事業を取り巻く環境を簡単に取り上げつつ、京王電鉄のホテル業の戦略に迫ります。

新宿以西を中心に多角的な事業展開する京王電鉄