教育業界で40%以上の利益率!「日本SHL」と「イトクロ」5つの共通点から学ぶ"儲けの仕組み"

教育業界で40%以上の利益率!「日本SHL」と「イトクロ」5つの共通点から学ぶ"儲けの仕組み"

現在上場している教育業界の53社(日本経済新聞参考)の最新決算にて全社の営業利益率を算出しました。

今週はその中で最も高利益率を誇る教育業界7社をピックアップし、前編・中編・後編にわたりまとめていきたいと思います。

今回はその中でも40%以上の利益率を誇っている「日本SHL(エス・エイチ・エル)」(証券番号:4327)、「イトクロ」(証券番号:6049)の2社。両社の共通点を炙り出し、儲けの仕組みを解明していきます。

売上高では両社とも継続した増収傾向にあります。2018年には日本SHLが27億円、イトクロが45億円売上となっていました。

利益率では日本SHLが継続した40%越えの利益率。イトクロは2017年から40%の大台を越え、現在では教育業界一の利益率を誇っています。

両社の圧倒的な利益率の背景には5つの共通点がありました。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

共通点①両社のビジネスポジションは〇〇
共通点②〇〇と〇〇のコストが圧倒的に低い
共通点③〇〇事業の売上が増加
共通点④特定市場で高い〇〇
相違点⑤潤沢な〇〇と〇〇

この続きを見るには
(1874文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
受講者数は11万人超え!中国で英語教育を展開する「Meten」が上場申請

受講者数は11万人超え!中国で英語教育を展開する「Meten」が上場申請

2019年05月26日 07:00

中国で英語教育を展開する「Meten」がアメリカのニューヨーク証券取引所に上場申請書を提出しました。(ティッカーシンボル:MEDU)

中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

2019年05月14日 20:00

中国版の東進ハイスクール「GSX TECHEDU」がニューヨーク証券取引所に上場申請書を提出しました。

GSXはハーバード大学ビジネススクール出身の『Larry Xiangdong Chen』氏によって2014年に創業されました。

未成年人口の増加と厳しい学歴社会を背景に急成長!中国の教育テクノロジー企業「TAL Education Group」

今回は、中国の教育テクノロジー企業「TAL Education」について調べてみたいと思います。

「TAL」という名前は「Tomorrow Advancing Life」の頭文字で、テクノロジー・ドリブンかつ高品質な教育サービスを提供。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード