恐るべし”アメーバ経営”!6年で売上約2倍の「京進」

恐るべし”アメーバ経営”!6年で売上約2倍の「京進」

2019年06月22日 12:00

みなさん、”アメーバ経営”をご存知ですか?

今回は、京セラ名誉会長 稲盛和夫が考案した経営管理手法を教育業界で実践した、京都を拠点に学習塾を展開する「京進」(証券コード:4735)を取り上げました。

京進は、京都、滋賀、大阪、奈良、愛知を中心に展開しており、そのターゲット層は幼児から社会人まで幅広くなっています。

また、京進は学習塾の他に語学関連事業(英会話・日本語教育事業)と保育・介護事業を行なっており、事業が細分化されているのが特徴です。

会計年度変更前は少子化やグローバル化などの市場環境の変化により売上が伸び悩んでいましたが、変更した12/5期のあと6年で1.8倍に膨らんでいるのがわかります。

営業利益は比較的少ないものの安定して推移。19/5期は1.4億円(18/5期比+34%)増加する見込みとなっていました。 

学習塾市場が飽和状態で競争が激化する中で、このように安定した経営をしているのには理由があります。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・売上成長の秘訣は〇〇化と事業の〇〇化
・塾事業では〇〇の生徒数がNO.1
・〇〇化成功の理由は”アメーバ経営”にあった!
・19Q3の有利子負債は年々積み上げ〇〇億円に到達
・まだまだ伸ばしたい〇〇・〇〇!

この続きを見るには
(2739文字 画像15枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
6期連続の増収で売上は1.6倍!教育事業を中心に事業展開する「ヒューマンホールディングス」

6期連続の増収で売上は1.6倍!教育事業を中心に事業展開する「ヒューマンホールディングス」

ヒューマンアカデミーなど教育を中心に事業を展開する「ヒューマンホールディングス」(証券コード : 2415)を扱います。先日は資格の学校「TAC」を紹介しましたが、今回はその第2弾として資格講座などの教育事業を行うこちらの企業も見ていきましょう!

教育を中心に様々な事業を手がける

中国最大の塾を運営!年間入塾者数630万人の「New Oriental Education」

中国最大の塾を運営!年間入塾者数630万人の「New Oriental Education」

今回のエントリでは中国で最大の塾を運営する「 New Oriental Education & Technology Group, Inc」(ティッカーシンボル:EDU)についてまとめていきます。

中国の教育市場は73.4兆円規模にまで成長する見込み、通期売上は24.5億ドル(+36.0%)

未成年人口の増加と厳しい学歴社会を背景に急成長!中国の教育テクノロジー企業「TAL Education Group」

今回は、中国の教育テクノロジー企業「TAL Education」について調べてみたいと思います。

「TAL」という名前は「Tomorrow Advancing Life」の頭文字で、テクノロジー・ドリブンかつ高品質な教育サービスを提供。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード