たった45分でサイト構築!DoorDashの創業者「Tony Xu」の半生(後編)

たった45分でサイト構築!DoorDashの創業者「Tony Xu」の半生(後編)

2019年06月09日 12:00

DoorDashの創業者「Tony Xu」の半生(前編)の続き

マッキンゼーに2年間ほど勤めた後にスタンフォード大学のMBAに進学した「Tony Xu」でしたが、一体どのようにDoorDash創業に至ったのでしょうか。

マカロンショップからヒントを得る

スタンフォード大学に進学したXuは、母親がスモールビジネスのオーナーだったため、どうにかスモールビジネスの手助けをするビジネスをやりたいと思っていました。

事業アイデアを練るXuに転機が訪れました。

ある日、Xuがパロアルトのマカロンショップにヒアリングしに訪れた時、デイバリー用のメニューを発見したのです。

マカロンショップの店主はXuにデリバリー用のメニューを見せると同時に、今までキャンセルした注文票も見せました。

店主はドライバーを雇っていなかったため、結局自分自身でデリバリーするしかなく、多くの注文の機会を失ってしまっていたのです。

せっかく注文が入っているのにデリバリーできないのは勿体無いと思ったXuは、このようなスモールビジネスのオーナーにフードデリバリーの需要があるのではないかと考えたのです。

そしてマカロンショップ以外にも、150〜200もの事業者(おもちゃ屋さん、家具屋さん、レストラン)にヒアリングを重ねたのでした。  

この続きを見るには
(1588文字 画像4枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
Uber Eats取扱高が30億ドルを突破!「Uber」2019年1Q決算

Uber Eats取扱高が30億ドルを突破!「Uber」2019年1Q決算

ライドシェア企業「Uber」(ティッカーシンボル:UBER)が2019年5月10日後、初の決算発表を迎えました。

まずはUberのプラットフォーム上における総取扱高(配車やUber Eatsなどの総利用額)を確認します。

2012年創業から3年でユニコーンに!アメリカの食料品デリバリーサービス「Instacart」の歴史

今回は、アメリカのユニコーン企業「Instacart」についてまとめたいと思います。

Instacartのサービスを一言で表すと、「食料品買い物代行&デリバリー」。