通期売上170億円に上方修正!テレビCM販売が伸びる「ラクスル」3Q19決算

通期売上170億円に上方修正!テレビCM販売が伸びる「ラクスル」3Q19決算

印刷ECから運送プラットフォーム『ハコベル』まで提供する「ラクスル」(証券コード:4384)が2019年7月期3Q決算を発表しました。(決算説明資料

ラクスルは3Q決算発表に先駆けて、通期業績予想を上方修正

売上見通しを最大170億円(前回予想から+16.8%)、黒字目標とだけ公表していた営業利益を1.6億円と具体化しました。

期待値が高まる中で迎えた今四半期の業績はどうだったのでしょうか。

四半期売上は48.5億円(+59.9%)、営業利益は0.8億円(+20.3%)と堅調に増収増益を続けています。

印刷プラットフォーム「ラクスル」の累計登録ユーザー数は86.4万人に到達しています。今四半期も成長ドライバーを事業ごとに詳しく整理していきましょう。

テレビCMなど「集客支援」の売上が11億円を突破

セグメント売上をチェックすると、引き続き中核の印刷事業が伸びていることがわかります。

この続きを見るには
(1588文字 画像17枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
「ラクスル」19/7期決算まとめ:ハコベル+226%増収に再加速

「ラクスル」19/7期決算まとめ:ハコベル+226%増収に再加速

印刷&運送プラットフォームを手掛ける「ラクスル」(証券コード:4384)が2019年7月期本決算を発表しました。

ラクスルは東証一部へ市場変更してから初の決算発表。まずは通期業績の推移から確認していきます。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード