実はヘンリーフォードじゃない!自動車量産の土台「組み立てライン」を考えたのは誰?

実はヘンリーフォードじゃない!自動車量産の土台「組み立てライン」を考えたのは誰?

2019年06月25日 07:00

前回のつづき)

20世紀の初めまで、自動車の生産は「職人」の手によるものでした。

彼らは自動車を深く理解し、会社と個別に契約を結ぶ「自営業者」だったのです。

そのため、たとえ同じ設計図を使っても、完全に同じ自動車を二台つくることはできません。むしろ、どの自動車にも「個性」が要求されました。

何と言っても、顧客の多くは値段にこだわらない貴族階級。当時の自動車は、工業製品というより「工芸品」に近かったと言えます。

「ライン組立方式」を実現したランサム・オールズ

そうした傾向は特にヨーロッパで強く、自動車を大量生産しようとする者はほとんどいませんでした。

一方、アメリカは違います。国土は広大で、鉄道はあっても全大陸を網羅することはできません。そうした中で、ヘンリー・フォード以外にも数多くの自動車メーカーが登場しました。

中でも大成功を収めたのが、フォードより先に「ライン組立方式」を実現したランサム・オールズです。

オールズは、職人による手作りが当たり前だった自動車製造に「分業」という概念を持ち込みました。

車種を1つに絞って部品は外注し、自社の工場で組み立てるという方式を採用したのです。

工場内でも、手押しの台車にクルマのシャーシを乗せ、部品を順番にくっつけて完成させるという「流れ作業」を取り入れました。

1905年までに作られた「カーブドダッシュ・オールズモビル」は1万8,000台を超え、安価な自動車として人気を博しました。

ところが、オールズの出資者が経営方針を転換。低価格車ではなく、利潤が大きい高価格車を作ることを要求します。

野望をくじかれたオールズは会社を去り、1908年に設立されたばかりのGMによって吸収されています。

アメリカ中のクルマの2/3を占めた「T型フォード」

この続きを見るには
(2331文字 画像3枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード